2099年12月31日

ゲームブックって今でもあるの?

「ゲームブックは今でも買えるの?」「ゲームブックと電子書籍の相性ってよくね?」
よく、このようなコメントを見るようになったので、
2000年以降に出たゲームブックをまとめてみた。

「いまでも手軽に買えるゲームブック」(紙のゲームブック)
「いまだからこそ遊べる電子書籍のゲームブック」(電子書籍のゲームブック)
「今年でたゲームブック2015」
「今年でたゲームブック2016」
アプリも込みのものはこちらのエントリーから)(アプリ化されたゲームブック)
「いまでも手軽に買えるゲームブック 同人・その他編」(同人誌やその他の媒体のゲームブック)

電子書籍を読む端末は、2015年1月の時点では、アスペクト比が4:3のiPad Air2、ないし、iPad mini3がおススメ。
(画面の大きさやアスペクト比を気にしないならiPhone5S以降もオススメ)
Kindleの本もKindleの無料アプリから読めます。

(いままでiOS推しだったのは、ゲームブックのアプリ・iGamebookがiOSでしか遊べなかったため)
(2015年の3月末で配信停止したので、iOSにこだわる必要はなくなった)
(Androidでなにを買っていいか迷ったら、
Xperia Z4 TabletかXperia Z3 Tablet Compactあたりをどうぞ)

Kindleは、Kindle以外のストアから出版されている本が読めないのでオススメしません。
posted by ドロシー! at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

2016年に観にいった映画(下半期)

2016年に観にいった映画をまとめてみる。(下半期)



7月3日
マッドマックス 怒りのデス・ロード(立川 爆音)(「木根さん」サイン会)(4回目)
TOO YOUNG TO DIE!(立川 極音 日本語字幕)
ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!(立川 爆音)(2回目)

7月18日
KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV
ウォークラフト

7月24日
ONE PIECE FILM GOLD

7月30日
ファインディング・ドリー(平和島 imm sound)
シン・ゴジラ(平和島 4DX)

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
「TOO YOUNG TO DIE!」
「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」
「ウォークラフト」
「ONE PIECE FILM GOLD」
「ファインディング・ドリー」
「シン・ゴジラ」



8月6日
シン・ゴジラ(新宿TOHO TCX)(2回目)

8月17日
ガールズ&パンツァー 劇場版(立川 爆音6.1ch)(21回目)
シン・ゴジラ(立川 爆音 日本語字幕)(3回目)



9月2日
戦車ライド

9月7日
ペット

9月9日
HiGH&LOW THE MOVIE

9月11日
君の名は。(立川 極音)

9月12日
スーサイド・スクワット

9月15日
シン・ゴジラ(新宿TOHO 発生可能上映)(4回目)

9月17日
レッドタートル

9月18日
聲の形

9月23日
HiGH&LOW THE MOVIE(2回目)

「戦車ライド」
「ペット」

「HiGH&LOW THE MOVIE」
ごめんなさい。EXILE、ナメてました。
ここはどこの日本なんだとド肝を抜かれるオープニング、本編の半分はケンカづくし、ドラマ未見なのにそれでもアツイと分かるテンプレ展開。
映像と歌の暴力に2時間殴られっぱなしだった。
とにかく劇場で観てほしい作品。


「君の名は。」

「スーサイド・スクワット」
キャラがどんなに立ってても、シナリオに芯が通ってないとクソつまらなくなると教えてくれた駄作。
ハーレイ・クインを愛でる映画としては傑作。


「シン・ゴジラ」
「レッドタートル」
「聲の形」



10月
posted by ドロシー! at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

2016年に観にいった映画

2016年に観にいった映画をまとめてみる。



1月2日
ガールズ&パンツァー 劇場版(立川 爆音)(フィルム)(4回目)
クリード チャンプを継ぐ男
ガールズ&パンツァー 劇場版(立川 爆音)(フィルム)(5回目)

1月3日
ガールズ&パンツァー 劇場版(立川 爆音)(フィルム)(6回目)

1月5日
ガールズ&パンツァー 劇場版(フィルム)(7回目)

1月16日
ガールズ&パンツァー 劇場版(立川 爆音)(b studio)(8回目)

1月22日
「幻想」&「巨人」小澤征爾(立川 極音)

1月30日
ガールズ&パンツァー 劇場版(フィルム×2)(9回目)

「ガルパン」
フィルム目当てでいろいろいってた月。
いままでは立川爆音1択だったが、割り切れるようになった。
30日は2ヶ所のチケットを取っており、もともと、1度に2枚の配布だったので、計4枚ゲットしてる。
ただし、チケットは知人に渡したので、自分は30日には1回しか観ていない。

「クリード」
「ロッキー」自体は「1」しか観てないが、めっちゃ、スタローンに感情移入しながら観た。
最後の試合や、ラストシーンは涙が止まらなかったよ。

「「幻想」&「巨人」小澤征爾」
立川シネマツーのc studioで上映されたクラシックコンサート。
オーケストラの音の音量が大きくて、むしろ「爆音」と聞いてイメージする音はこっちのほうだった。
正直、耳は痛かった。
c studioだけど、空気砲もちゃんとあった。
拍手のシーンは、300人の箱に1000人を詰め込んだかのような、音の洪水で凄まじい。




2月9日
オデッセイ(MX4D)

2月12日
KING OF PRISM by PrettyRhythm

2月27日
珍遊記

「オデッセイ」
映画自体の面白さもさておき、MX4Dの土の香りが効果的だった。

「キンプリ」
ヤバイ。めっちゃヤバイ。
観るとスーパー銭湯にいきたくなります。
応援上演もいってみたい。

「珍遊記」
映画館で観ないと損する作品。
面白いんだけど、テンポが他の作品と違ってて集中しにくいので、家で見たら早送りしそう。




3月1日
ガールズ&パンツァー 劇場版(豊洲 4DX)(10回目)

3月11日
ガールズ&パンツァー 劇場版(幕張新都心 ULTIRA)(11回目)

3月20日
ガールズ&パンツァー 劇場版(平和島 4DX)(12回目)
マジカル・ガール
ガールズ&パンツァー 劇場版(平和島 imm sound)(13回目)

「ガルパン」
いろいろなシステムで上映されたので違いを楽しんでた月。
1月下旬からチケット争奪戦が激しくなって、一苦労だった。
・4DX
「ガルパン」にマッチした激しいシステム。
戦車ごとに振動を変える芸の細かさもさておき、
足元の風で激しい履帯を再現したり、草の香りがめちゃくちゃ効果あったり、
雨のシーンでめっちゃ感情移入できたり、フラッシュが効果的だったりと、
4DXのベンチマーク的な映画で、かつ最高峰。
これを超える4DX映画は数年は出ないのではないか。
・ULTIRA
画面デカい!
映像きれい!
音が響く!
咳するだけでもめっちゃ響きます。
爆音に慣れると、重低音が効果的でないので欲求不満になるけど、
細かなSEが聞き取れたり、映像の細かいシーンに気づいたりと、
ここで観たから気づいた発見も多かった。
アス比のせいか、上下がトリミングされちゃったのは残念。
・imm sound
imm soundの冒頭のデモは立体的な音ですごかったんだけど、
本編ではその恩恵が感じられなかった。
座席が左端でスピーカーがほぼ真上にあったせいか、
音は予想以上に激しかった。


「マジカル・ガール」



4月16日
グランドフィナーレ

4月26日
ロブスター

「グランドフィナーレ」
「ロブスター」



5月3日
遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS
レヴェナント
KING OF PRISM by PrettyRhythm(2回目)

5月14日
ガールズ&パンツァー 劇場版(立川 爆音)(14回目)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(立川 爆音)

5月17日
遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS(2回目)

5月19日
「チェンジ/CHANGE」「恋人-モナムール」「モロヘイヤWAR」

5月21日
ガールズ&パンツァー 劇場版(フィルム)(15回目)
ガールズ&パンツァー 劇場版(フィルム)(16回目)

5月27日
ガールズ&パンツァー 劇場版(マシマシ&4DXエクストリーム)(フィルム)(17回目)

5月29日
ガールズ&パンツァー 劇場版(海老名 THX)(18回目)
スノーホワイト/氷の王国(海老名 THX)

5月30日
機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 暁の蜂起

「遊戯王」
「レヴェナント」
「シビル・ウォー」
「チェンジ/CHANGE」
「恋人-モナムール」
「モロヘイヤWAR」
「スノーホワイト/氷の王国」
「ガンダムORIGIN3」



6月1日
デッドプール(吹替え)

6月3日
ガールズ&パンツァー 劇場版(バルト9 舞台挨拶)(フィルム)(19回目)

6月6日
アイアムアヒーロー

6月10日
HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス

6月18日
ガールズ&パンツァー TVシリーズ全12話一挙上映(幕張新都心 ULTIRA)
ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!(幕張新都心 ULTIRA)
ガールズ&パンツァー 劇場版(幕張新都心 ULTIRA)(20回目)

6月19日
帰ってきたヒトラー

6月20日
貞子VS伽倻子

6月25日
オネアミスの翼
ガールズ&パンツァー TVシリーズ全12話一挙上映(立川 爆音)

6月28日
機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY

「デッドプール」
お下品でサイコーだった。
カップル以外の女性客も多くて驚いた。
平和島の小さな7番シアターだったけど、空気砲があってビビったよ。
笑いが絶えない、いいポップコーンムービーだった。


「アイアムアヒーロー」
「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」
「ガールズ&パンツァー TVシリーズ全12話一挙上映」
「帰ってきたヒトラー」
「貞子VS伽倻子」

「オネアミスの翼」
いまでも色あせない傑作。
絵も音も話も、いまでも通用する。
この地味な作品を20代のスタッフがメインで作られたなんて、いまだに信じられない。


「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」
posted by ドロシー! at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

幻想迷宮書店の今後の展開!

Kindleで精力的にゲームブックを刊行する幻想迷宮書店の酒井さんのインタビュー記事。

「ゲームブックはオワコンなのか ― 「ドルアーガの塔」を電子書籍化した幻想迷宮書店が語る今と未来」

ゲームブック愛に溢れた記事で、本文もゲームブック形式になっているが、
特にビビッときたのは以下。

・毎月1冊刊行。完全新作は年に1冊出していきたい

・6〜7月に「悪夢」3部作を予定している!
・「パンタクル2」や「ティーンズ・パンタクル」、「スーパー・ブラックオニキス」も待っている!


・でも「パンタクル3」は、作者が「もう忘れた」の一点張り

・「隣り合わせの灰と青春」の電子書籍化はベニー松山先生からの提案
(もともと、BCCKSから電子書籍版は出ていた)
・ベニー松山先生以外の小説も予定している








他にもいろいろなことが語られている。

電子書籍のメリット

・ハイパーリンク
・挿絵などのネタバレを踏みにくい
・挿絵を適切なタイミングで表示できる

挿絵に関しては、こんなことも可能かな。
「地獄の館」の41と43は、同じ場所で同じ骸骨男と戦うパラグラフだが、挿絵は41にしかない。
電子書籍なら、同じ挿絵を何箇所に入れてもページのムダ遣いにはならない。
手前ミソだけど、ゲームブック・ラボRの「地獄の館」や「死神の首飾り」は、
複数のパラグラフに同じ挿絵を仕込みました。


ゲームブックがオワコン扱いされている

目を逸らしたいけど、まあ、事実ですよね。
作家さんが新作を書くのに二の足を踏むのも分かります。


酒井さんのゲームブックの出会いは「恐竜探検」

これはちょっと意外。
でも、このシリーズ、ゲームっぽさは弱いけど、読み物として面白いのでオススメです。
特に「海賊の秘宝」はタイムトラベルの妙がよく出てました。



ゲームブックにトドメを刺したのは「弟切草」と「かまいたちの夜」

これだけは全力で否定する。
サウンドノベルが登場したとき自分は、
これでゲームブックのような作品が復活してくれれば、と思っていたから。
つまり、もっと前にトドメは刺されており、サウンドノベルはゲームブックとは因果関係のない、新しいジャンルだった。

また、サウンドノベルが流行ったとき、ゲームブックのような作品は産まれていないことから、
サウンドノベルとゲームブックに親和性があるとは、当時の開発者は考えていなかったはず。

PS1でようやく、ゲームブックを再現したような「ソリッドリンク」が産まれるが、
ジャンルは3DRPGだった。
(ゲームブックのハマリまで再現した――そして、ハマリなのに取り返しがつくシステムが秀逸なので、
中古で見つけたらぜひ遊んでほしい)


ゲームブックの影響を受けた作品は「世界樹の迷宮」や「ドラゴンズクラウン」などがあるが、
デジタルでゲームブックを再現したような新作は、
「蠅声の王」や「Thief and Sword」などのごくわずかしかない。
(ゲームブック自体をデジタル化したものは、いまだに作られているが)



電子書籍でのゲームブックの進化

・ページ数のシバリがない
・ボリュームが(いい意味で)分からなくできる
・パラグラフがいらなくなる

このあたりは賛否両論あると思う。
ボリュームが分からないことに関しては、自分は好きじゃない。
推理小説で、残りのページ数から、そろそろ解答編がはじまるのが分かってしまうのをイヤがる人がいる一方で、
残りのページ数から、そろそろ解答編がはじまるから、与えられた情報で犯人を推理しようと考える人もいるからだ。

パラグラフがなくなるのは個人的には大反対。
ゲームブックはオープンソースで、ソースを勝手に書き換えられる(ズルができる)のもメリットだと考えているので、
電子書籍は、ブラックボックスでない以上オープンソースではあるんだけど、
余計な手間をかけないと解析できないのはすげえ不便。
これじゃ、フローチャートが書きにくいったらありゃしない。

ラノベ「俺が主人公じゃなかった頃の話をするPart3」がゲームブックになっており、
紙ではページ数が指定されておりそこへ飛ぶようになっている。
ページ数がない(というか、文字の大きさが変えられるのでページ数が指定できない)電子書籍では、
選択肢をタップすると先に飛べる、ズバリ、パラグラフがないゲームブックになっている。
……んだけど、これ、読みにくいんだよ。
ゲームのクリアが目当ての作品ならさておき、
ラノベの変形なので、ゲームブックというよりはあくまで小説。
で、全ページ読もうとすると、自分がどこまで読んだか分かりにくい。


最近のアドベンチャーゲームはエンディングリストがあったり、
未読の選択肢が分かるようになったりしているが、
それができない電子書籍でパラグラフをなくしても、
アドベンチャーゲームの真似事をしているだけで、面白さに直結しないんじゃないかな。

なにより、「14へ行け」ができなくなるし。


・活動を続けていくことで“幻想迷宮書店”を知る方が増え、そして購入を検討する母数が増えていく

これはもう、そう願いたい。
ひとりの編集者だけだとキャパシティに限界はあるし、作風も狭まってしまう。
権利は取れなくても、幻想迷宮書店がゲームブックの電子書籍データを、
権利を持っている出版社に提供するサービスはアリかもしれない。



酒井さんの、ゲームブックの今後の展開が分かって、非常に面白い記事だった。
ゲームブック形式の記事や、ライターさんの受け答えから、
ライターさんのゲームブック愛も感じられた。

それだけに、貶めるときにしか使わない『オワコン』ということばをタイトルに使ったのか疑問ではある。
(ことばは水物、意味は変遷していくが、まだ、悪口としての印象が強い)
ゲームブックがいまでも好きな人には気が重くなるタイトルだし、
知らない人は、そもそも流行ってないからオワコンですらないのに、
こんな煽りでクリックしてくれるとは思えないんだよね。
webのプロが、このタイトルがいちばんPVが稼げると判断したのだろうから、
素人がとやかくいうことではないけど、すげえムカついてはいます、はい。

あと、せっかくゲームサイトの記事なのだから、
ゲームブックにはファミコンの作品もいっぱいあったことや、
そして、いまでは公式がストップをかけるような独自解釈が多く存在していたこともツッコんでほしかったな。
posted by ドロシー! at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

アフィリエイト2016

ガルパンにハマった。






















続きを読む
posted by ドロシー! at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

今年でたゲームブック2016

2016年にでるゲームブックをまとめてみる。

関連
いまでも手軽に買えるゲームブック
いまだからこそ遊べる電子書籍のゲームブック2014年版
今年でたゲームブック2015



Vol.136には、「SW2.0」のソロシナリオ「蛮族の根城に挑む」が、
Vol.138には、「ダイス・オブ・ザ・デッド」のソロシナリオが載ってる。
ゲームブックというよりはソロシナリオ(パラグラフがないといっても過言ではない)ので、
そろそろ、ここに含めていいか悩む。
――と思っていたら、Vol.140、142、144に「トンネルズ&トロールズ」のソロアドが付く!

また、Vol.140から、フーゴ・ハル氏のおはなしめいろこと、「ラビリンストーリー」が連載開始。
ただ物語をつむぐだけに留まらず、おはなしめいろにまでゲームの要素を取り入れているのが氏らしい。


SCRAPの脱出ゲームブック。
今回は恋愛ものです。
書店によって謎解きつきのしおりが付きます。エラッタもあります。
http://www.rittor-music.co.jp/dgamebook/kataomoi/


「マカロンの精のおたわむれの巻」がゲームブックになっているそうです。



児童向けホラーアンソロジー。
「本当に怖いストーリー 暗黒の舞台」は、2択のゲームブックが収録されている。
「うわさの怪談 X」には、「呪いの悪霊館」というゲームブックが載っている。


「怪盗ジョーカー」のゲームブックがふろくについた。


https://sec.carddass.com/club/products/detail/joker_01/
ジャンボカードダス版は見つけるのがかなり困難。
自販機はあっても、「怪盗ジョーカー」を扱っている店舗は数少ない。
10月16日までだが、「怪盗ジョーカー展」に筐体が3台あるので、そうそう品切れにはならないはず。
http://sam.or.jp/kikaku-list/%E3%80%8E%E6%80%AA%E7%9B%97%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%B1%95%E3%80%8F


新たなゲームブックともいえる(でも起源はゲームブックより前)二次元小説の解説がある。


映画「アリス」の続編のゲームブック。
紙版は本を逆さまにする仕掛けがある。
電子書籍版は、あえて選択肢の1つにリンクを貼らないことで、逆さまにするギミックは使えないまでも、その意図をうまく昇華している。


サバイバルゲームブック。


「進撃の巨人」の第2弾。


ゲームマーケット2015秋で配布されたゲームブック。
マンガ版ゲームブックだけど、子供向けではなく、絵をよく見て判断する状況があるなど、
手ごたえのある作りになっている。



電子書籍

幻想迷宮書店
http://gensoumeikyuu.com/





「ドルアーガの塔」3部作など創土社のゲームブックをメインに電子書籍化。
電子書籍で遊びやすいよう、リンク以外にもいろいろ工夫されている。
「魔人竜生誕」は創土社版よりフラグの処理が軽くなっており、遊びやすくなってる。


ゲームブックじゃないけどついでに。
「ウィザードリィ」の小説が電子書籍で復刻です。


2015年に出た「進撃の巨人」の電子書籍版。
テキストベースだが、めずらしくリフローではなくフィックスタイプ。
(マンガのように画像で持っているので、文字を大きくすることはできないが、見開きの絵は大きく表示できる)
見た目が分かりにくいが、飛び先の数字をタップするとそのパラグラフにジャンプできる。
(Kindle版は未確認。iBook版やBookwalker版はリンクがあるのを確認した)



FT書房からKindleオリジナルのゲームブック。
「アランツァモンスター事典」はその名の通り、モンスター事典。
FT書房のゲームブックをより深く知るだけでなく、TRPGなどでも活用できる。

「超能力ウォーズ」
http://www.ebookjapan.jp/ebj/351073/
「時間旅行SOS!」
http://www.ebookjapan.jp/ebj/353393/

ブーム当時に講談社から出ていたKCシミュレーションシリーズの2弾と5弾が電子書籍化。
eBookJapanで配信中。
マンガタイプだが、数字をタップするとちゃんとリンク先に飛ぶようになっている。

「リビングライブズ」
https://note.mu/yoyogijotaro/n/n4a498295395a
代々木丈太郎さんがnoteでゲームブックを発表している。
読者の反応で続編が作られるという面白い試み。
posted by ドロシー! at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

2015年に観に行った映画

まだ、数日残ってるのでFIXじゃないけど、今年劇場で観た映画。
(単館系は漏れてるかも)
前半はあんま観てなかったので、後半ペース上げました。


○ミュータント・タートルズ
○機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル
○スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
△ドラゴンボールZ 復活の「F」(4DX)
○龍三と七人の子分たち
△新選組オブ・ザ・デッド
×メイズ・ランナー
◎マッドマックス 怒りのデス・ロード(4DX)(爆音)(4DX)
△アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(爆音)
○ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(4DX)
○ジュラシック・ワールド(4DX)
◎ゾンビーバー
◎キングスマン
○ピクセル
◎バクマン。
○機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア(2D)(2D)
◎リトルウィッチアカデミア 魔法のパレード
×ギャラクシー街道
◎ゴジラ
◎ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(爆音)
○機動戦士ガンダムUC episode 7 虹の彼方に(MX4D)
◎スペースバンパイア
○グリーン・インフェルノ
◎ベイマックス(4DX)
◎ガールズ&パンツァー 劇場版(爆音)(爆音)(爆音)
○スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2D)(爆音)
△007 スペクター


「怒りのデス・ロード」を観るまでは今年の代表作となるレベルに1本も出会えなくてヒヤヒヤでした。
その分、「怒りのデス・ロード」のドラッグムービー感はヤバかった。
ただ来るまで走り続けるだけなのに脳内麻薬いっぱい出た。
こんな札束で頬を殴る映画、日本じゃ作れないと思ってたのに、同じ年に「ガールズ&パンツァー 劇場版」が、日本の手法でさくっと追いついたのに驚愕。

「ガルパン」は立川爆音との相性がすさまじくよく、砲弾を撃つだけで気持ちいいんです。
重低音がめっちゃ響くんです。
いま、立川爆音を体験したいなら、「ガルパン」に興味なくても「ガルパン」1択。
「フォースの覚醒」も爆音で観たんだけど、こっちはフォースを使う部分で感動するくらいで、そんなに恩恵なかったな。

今年は、関東でも気軽に4DXやMX4Dが体験できる環境になったのと、立川の爆音が新生したので、システムを気にして劇場を選ぶことが増えました。
(それまで、4DX体験するのに名古屋まで行ってた)
逆に、3DはIMAX1択だったのに、今年は1回も行ってない。

4DXは、「怒りのデス・ロード」や「ジュラシック・ワールド」のようなアクション映画に向いてるけど、なにより、「ガンダムUC」や「ベイマックス」と相性はすごかった。
実写よりアニメ向き。
(悟空がしゃがんでジャンプする動きも、座席の移動で再現できるのよ)
このシステムで「マクロス」関連をぜひ観たい。

ちなみに、来年の1本目は「ガルパン」です。
posted by ドロシー! at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

ものづくりの資料になる電子書籍

新紀元社



富士見書房




SBクリエイティブ




PHP


西東社




レッカ社




その他



posted by ドロシー! at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

今年でたゲームブック2015

今年でるゲームブックをまとめてみた。


「Vol.125」では、パラグラフはないが選んだキャラと行く場所によって成否が分かれるゲームノベルが収録されている。
「Vol.134」では、「学園メテオ」をゲームブック化したものが収録。「サイボーグを倒せ」ばりに、選んだキャラやスタート地点で攻略ルートが変わるので、攻略しがいのある。


非公式なアンソロ本。


SCRAPの脱出ゲームブック。


マンガ「七つの大罪」を
「バニラのお菓子配達便」や「ミラクル・タイム・アドベンチャー」の藤浪智之さんがゲームブック化。


「コックリさん迷宮」という32パラグラフのコミックゲームブックが収録されている。
思いのほか難しいが一発死がほとんどなく、状況から推理したり情報を得ることで先に進めるフェアな作り。


2択の選択肢を選ぶミニゲームブック集。
選択の1つがセーフでもう1つがアウトかと思いきや、どっちも怖い結末もある。


「モノノケ学園 ゲームブック」が載っている。


クトゥルフTRPGのルルブだが、Amazon限定版にはゲームブック形式のソロアドがついた。
(9月末の時点ではつかなくなった)


クトゥルフTRPGのサプリメントにソロアドがついている。


アンリアルエンジン4の入門書。
オマケ(pdf)でゲームブックがつく。
http://minahito.hatenablog.com/entries/2015/07/07
ダウンロードページ
http://www.borndigital.co.jp/book/5190.html


電子書籍版

「ファミ通」の1400号に4ページのゲームブックマンガがついた。
電子書籍版は3ヶ月間の販売なので注意。(閲覧期間は無制限)


「ワンパンマン」のガイドブックに、68パラのはみだしゲームブックがつく。


「青鬼」を題材にSCRAPが脱出ゲームブック化。


なんで載ってるのか分からないけど、ゲームブックかついてる。
雑誌との関連性はないけど(たぶん)、
登場人物同士が意外なつながりがあり、それを紐解いていくのが楽しい。
フラグ関連はかなり分かりにくい。


意外な伏兵。
新紀元社が放つ大魔球。
なんでこの企画がこの出版社で通ったのか、想像つかん。


「進撃の巨人」を藤浪智之さんがゲームブック化。


Vita版「東京喰種トーキョーグール[JAIL]」のシナリオ集。
ゲームブック形式。


FT書房の同人ゲームブック。


ボドゲ雑誌。
カードゲーム「Eight Epics」をゲームブック化した「9番目の叙事詩」が載っている。



電子書籍のゲームブック

山田賢治さんの作品。


FT書房の100パラシリーズ。


FT新聞の短編集。


代々木丈太郎さんの作品。
ゲームブックの投稿サイトもあり、15年3月7日現在、短編が6作が投稿されている。
http://gamebook.xyz/
「Japan Folk Tales Gamebook Kintaro」は「金太郎の微妙な冒険」の英語版。
日本語版はwebで無料で読める。
http://gamebook.xyz/?p=197


epub版やpdf版は無料で配布されている。
http://game-book.seesaa.net/article/415651951.html













18禁




『剣士と貴族の街』
https://bccks.jp/bcck/132219/info

『サラシュゼムの悪夢』
https://bccks.jp/bcck/131402

BCCKSで購入できる電子書籍。
epubデータは、縦組みの本ならKinoppy一択。
横組みならお好みのアプリでどうぞ。
(BCCKSのビューワは重くて使えない)



電子書籍はストアによって発売日が違うし、発売日が紙のものだったりして、
2015年に出たものか分かりにくいんだよね。
「いぬかみっ!EX わん!」のような、Kindleにはまだないけど、
BOOK☆WALKERにはあるものもあったりして。
http://bookwalker.jp/de4a268ac2-6e8a-4aa9-944c-9df2a5117d0f/%E3%81%84%E3%81%AC%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%A3-EX-%E3%82%8F%E3%82%93/

あと、DMMやDLsiteの同人カテゴリで「ゲームブック」で検索すると、
18禁のゲームブックに紛れて全年齢作品もあったりします。



CD




同人エロゲー
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_086159/?i3_ref=search&i3_ord=2/parahaza
「火山の要塞に眠る財宝」
ゲームブックじゃないんだけど、FF愛にあふれた作品だったので紹介。
エロゲなんで18禁です。
posted by ドロシー! at 23:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

「ゲーム+カレシ -テニプリ-」

ゲームブック「ゲーム+カレシ -テニプリ-」のフローチャートです。

ゲーム+カレシ.jpg

(フローの矢印の色は見やすさのためで、ゲーム的な意味はありません)

攻略対象が14人もいますが、テキトーに読めばテキトーにクリアできます。
ぶっちゃけ、メンドくさくなったら、1ページから順番に読んでも楽しめるでしょう。

この作品のフローチャートは面白く、4部構成になっています。
各部ごとに14人の話が1つずつあるので、14×4の56パラグラフ。

1部は1回のプレイではすべてを読むことができない、各キャラの軽いエピソード。

2部は89ページからはじまる攻略キャラを決める重要なパート。
1番目の選択肢を選ぶと次のキャラに進み、2番目の選択肢を選ぶまで無限ループになります。

3部は173ページ以降の好きなキャラの告白パート。
2部で、好きなキャラの選択肢で2番目を選ぶと進むことができ、身悶えます。

4部は257ページ以降の、カラーで告白のその後が描かれます。

照れた幸村が似合わなくてかわいかったり、照れた手塚が似合わなくてかわいかったり、不二が手塚のことを語るのがかわいかったり、存在を忘れていた財前が思いのほかかわいかったりして、色々かわいい。
跡部様とのヘリはキュンとなったわ。

選択肢が場所を選ぶだけなので、知識や想像力がないとそこで誰と会えるか分からないんだけど、いい意味でそういう仕組みにはしてないと思う。

そんなわけで、今年はじめて出版社から出たゲームブックは、予想外に非公式のアンソロでした。

posted by ドロシー! at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする