2099年12月31日

今でも買えるゲームブック

電子書籍とゲームブックの相性ってよくね?
――って発言をときどき見るので、実はそこそこ出てるんだよ、というのをまとめてみました。
紙のゲームブックも実は毎年10冊くらいは出てるんですよ。

※これらのページは基本、Amazonのアフィリエイトを紹介の代用にしています。
広告をブロックしていると表示されない場合があります。


いまでも手軽に買えるゲームブック
いまだからこそ遊べる電子書籍のゲームブック2014年版
今年でたゲームブック2015
今年でたゲームブック2016
今年でたゲームブック2017
今年でたゲームブック2018
今年でたゲームブック2019
今年でたゲームブック2020
posted by ドロシー! at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

今年でたゲームブック2020

2020年に出たゲームブックをまとめてみた。

※これらのページは基本、Amazonのアフィリエイトを紹介の代用にしています。
広告をブロックしていると表示されない場合があります。




「Role&Roll」たいてい1号おきにTRPGのソロアドが掲載される。



「ウォーロックマガジン」はAFFやT&Tのソロアドが載る。


「コッロールの恐怖」はT&Tのソロアド。

https://sgrk.blog.fc2.com/blog-entry-4354.html
「ドラゴンをさがしに」は絵本タイプのゲームブック。
アナログゲームを扱っている「すごろくや」で販売している。
1ページが3つに分割されていたり、四隅のディスクを回してフラグを管理したりと、ギミックも楽しい。


「GMマガジン」は毎号、ソロアドが載る。


「血ザクロ学園」シリーズ。
分岐小説。


「ファントムドミネーション」
ちゃなさんのゲームブック。
すべてのパラグラフに罠がある!


「送り雛は瑠璃色の」と「顔のない村」が電子書籍化。
「顔のない村」は社会思想社版からパラグラフが100ほど増えている。


「ラグーサ城攻防戦」
幻想迷宮書店の新作!




「でんじゃらすじーさん」の7巻に、「さらわれたゲベ」というゲームブックがある。


「落下する幻想風景」
2014年に出てた作品。
100からはじまり、パラグラフナンバーがどんどん小さくなっていくことで落下を表現している。


「電子ゲームブック自由落下 For Kindle」
すみません。漏れてました。
2019年以前に出ています。
posted by ドロシー! at 10:34| Comment(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

アフィリエイト2020























posted by ドロシー! at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

今年でたゲームブック2019

2019年に出たゲームブックをまとめてみた。

※これらのページは基本、Amazonのアフィリエイトを紹介の代用にしています。
広告をブロックしていると表示されない場合があります。





「Role&Roll」はフーゴ・ハル氏のおはなし迷路が毎回掲載。
また、たいてい1号おきにTRPGのソロアドが掲載される。



「GMマガジン」は定期的に「SW2.0」などのソロアドが掲載される。



「ウォーロックマガジン」はAFFやT&Tのソロアドがある。
4号では「グレイルクエスト」ならぬフーゴ・ハル氏の「クレイルクエスト」が!



TRPG「T&T」のソロシナリオ。
「傭兵剣士」は社会思想社版、新紀元社版があり、日本語版はこれが3度目。
追加のシナリオ「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」やマンガも載っており、
「傭兵剣士」の決定版ともいえる内容になっている。



小説「物語」シリーズのクロスオーバー短編集に、一応、分岐があるようにも見える短編「しおぎレンジャー」が載っている。



「リアル捜査ゲームブック 歌舞伎町探偵セブンGOLD FILE」はSCRAPの脱出ゲームブック。
パラグラフもなくゲームブックっぽくはないです。


「こわい話 & ホラーゲームBOOK」
児童向けホラー短編集に、「廃校からの脱出」というゲームブックがなんと巻頭に載っています。



「魔王城からの脱出シリーズ」(いつの間に名がついた?)の第3弾。
こちらは脱出ゲームのゲームブック。



アメコミの「デッドプール」がゲームブック化。
近年には珍しくサイコロも使う。


「小さな悪い本」
絵本タイプのゲームブック。
翻訳ものですが、楽しいレイアウトがちゃんとローカライズされています。


「ソウナンですか?」に学ぶ ゲームブック式 生死を分ける最強のサバイバル術
原作は講談社のマンガですがなぜか星海社から出た不思議なゲームブック。


「狂瀾怒濤: あるいは、ブラックドール騒動」
エドワード・ゴーリーの絵本の1作。
選択肢があり話を進めるので明らかにゲームブックではあるのですが、
手段としてゲームブックを使用したかのような、
選択に意味がない、ちょっと理不尽というか不思議というか、変な絵本です。


「コロコロコミック 2019年 12 月号」に「ポケモン」のゲームブックが封入されています。
パラグラフ数は短いながら、最初のポケモン選び、敵の弱点を突くといった、
ポケモンの基礎が体験できるいいゲームブックです。
ゲームブックのお約束的なネタも仕込んであり、この作者はおそらくゲームブック世代の方です。



「エスパークス」の電子書籍版が2016年あたりで出てたのだが、漏れていたのでひとまずここで。


「たったひとりのサバイバル・ゲーム!」シリーズの第6弾。
これで、全巻が翻訳、刊行されました。
本当は2018年に出たてたのですが、漏れていたのでここに掲載。

https://ftbooks.booth.pm/items/1488334
「クトゥルフのいざない」
https://ftbooks.booth.pm/items/1593591
T&Tソロアドベンチャー「旅人の丘を越えて/イサヒルの氷の洞窟」
https://ftbooks.booth.pm/items/1593604
「アランツァ英雄戦記」
それぞれ、FT書房が刊行したゲームブック。


「反魂の大魔導士」
FT書房で活躍している緒方直人さんの作品。


「逢魔ヶ刻奇譚-クトゥルフ異説-」
マンガタイプのゲームブック。







https://ec.toranoana.jp/tora_r/ec/item/040030801593/
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=608207
「ロックに魅せられし者」
「アイドルマスター シンデレラガールズ」の二次創作ゲームブック。
1ページ4パラグラフで構成されており、
仲間集めや簡易戦闘(のような)システムがあり、分岐小説ではなく遊びにもこだわった作品。
ナゾトキや隠しパラグラフもある良作。



TRPG「AFF」の「ソーサリー!」のキャンペーンシナリオ。
これがあればゲームブックの攻略本になる! とはいえないけど攻略の足しにはなると思う。
posted by ドロシー! at 11:05| Comment(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

アフィリエイト2019













posted by ドロシー! at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

アフィリエイト2018




ガルパン関連。


シュタゲ。







スイッチ




posted by ドロシー! at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年でたゲームブック2018

2018年に出たゲームブックをまとめてみた。

※これらのページは基本、Amazonのアフィリエイトを紹介の代用にしています。
広告をブロックしていると表示されない場合があります。


関連
いまでも手軽に買えるゲームブック
いまだからこそ遊べる電子書籍のゲームブック2014年版
今年でたゲームブック2015
今年でたゲームブック2016
今年でたゲームブック2017



「ロール&ロール」では、おはなし迷路の「ラビリンストーリー」が連載している。
最近、難易度がちょびっと上がりました。

Vol.161は「AFF」のソロアドがあり、鍵が足りなくてむせび泣くことができる。
Vol.170は「ブラマタリの供物」の前日譚のゲームブックが載っている。


FT書房の最新刊。
C93(2017年の冬コミ)で配布された、
1057パラグラフという圧倒的なボリュームのゲームブック。
商人がかえる沼を探索して貿易で金を稼ぐ、異端な作品で、
この1冊での世界の広がりが楽しい。


C93(2017年の冬コミ)で配布されたTRPG。
選択肢がありゲームブック風になっている。



「T&T」のソロアド。


山田賢治さんの「剣豪推参」をオンデマンド出版したもの。


山田賢治の脱出ゲームブック。


「本当に怖いストーリー」シリーズの最新刊にゲームブックが収録されている。


「ドラえもん」のゲームブック。
パズルブックです。


「GMマガジン」は「ソードワールド2.0」のソロアドが載ってます。


「ウォーロックマガジン」が復活。
TRPGの「T&T」や「AFF」がメインの雑誌で、ソロアドも豊富。


TPRG「クラヤミクライン」は、選択肢で物語が進む、ゲームブック方式のシナリオがある。


「巴マミの平凡な日常」の5巻にゲームブック回がある。


「フェアリーテイル」は人気マンガのゲームブック化。
「七つの大罪」や「進撃の巨人」に引き続き、藤浪さんの作品。


「ブラマタリの供物」はフーゴ・ハル氏のクトゥルフのゲームブック。
本に仕掛けがある模様。


「ルネと秘宝をめぐる旅」は脱出ゲームブックで、ルネシリーズの第2弾。


「EXIT 脱出:ザ・ブック ダ・ヴィンチ学園の謎」は脱出ボードゲーム「EXIT」のブック版。


映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」の関連書籍の1つ。
マンガタイプのゲームブックになっている。
似た表紙の関連書籍が複数の出版社から出ているので注意。これはKADOKAWA版。



電子書籍


FT書房の神崎マコトさんの個人出版のゲームブック。
グロい描写が満載の神崎節は健在。


色々なところでゲームブックを発表している緒方直人さんの作品。


「森の熊」は選択をミスると一発死するタイプのゲームブック。


幻想迷宮書店から完全新作!
波刀風 「賢治」さんのデビュー作。


ゲームブックのガイドブック。
今世紀にゲームブックのガイドブックがでるのは素晴らしい。
波刀風 賢治さんのゲームブックも収録。


ちゃなさんの新作。



ゲームブックではないんだけどゲーム関連。



posted by ドロシー! at 12:03| Comment(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

アフェリエイト2017

2017年のアフィ
























posted by ドロシー! at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

今年でたゲームブック2017

2017年にでるゲームブックをまとめてみる。

※これらのページは基本、Amazonのアフィリエイトを紹介の代用にしています。
広告をブロックしていると表示されない場合があります。


関連
いまでも手軽に買えるゲームブック
いまだからこそ遊べる電子書籍のゲームブック2014年版
今年でたゲームブック2015
今年でたゲームブック2016


既刊の「進撃の巨人」のゲームブックがまさかのハードカバー化。


「ロール&ロール」誌は安定して、「ラビリンストーリー」と「T&T」のソロアドを掲載している。
Vol.151や155では久しぶりに「ゴーストハンター」シリーズのゲームブックが載った。



TRPG「トンネルズ&トロールズ」は今年もソロアドが安定供給されている。


「ゲームマスタリーマガジン Vol.1」
こちらにも、「T&T」のソロアド載ってます。


「たったひとりのサバイバル・ゲーム!」シリーズの第4弾と第5弾。


マンガ「七つの大罪」のゲームブック第2弾。


巻末にゲームブック形式のマンガが収録。



電子書籍


「ネイキッド」シリーズ第3巻も全裸です。


FT書房からは山田さんの新作が登場。
編集がよくなって読みやすくなりました。


幻想迷宮書店からは「パンタクル」のスピンオフ「ティーンズ・パンタクル」が復刊。
「Domino」と「エリザベス姫と古びた城」はオリジナルのナゾトキゲームブック。
「ブラックオニキス」は挿絵を「ドルアーガの塔」3部作の虎井さんが一新。


SRPG「ファイアーエムブレム」を彷彿させるSRPGゲームブック。


円周率や√の数字を答え続けるゲームブック形式の学習本。


ゲームブック短編集「旱星 -BABEL-」に収録された作品を電子書籍化。
おまけもあります。


「ネバーランド」シリーズの1巻が電子書籍化。


迷路ゲームブック。


電子書籍でゲームブックを作るHOWTO本。




PS4「ドラゴンズクラウン・プロ」の先着購入特典に、DLCデジタルゲームブック「悪霊島の秘宝」が同梱される。
ちなみに、発売日は2018年2月予定。
このゲームブックはPS4版です。

続きを読む
posted by ドロシー! at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

2016年に観にいった映画(下半期)

2016年に観にいった映画をまとめてみる。(下半期)



7月3日
マッドマックス 怒りのデス・ロード(立川 爆音)(「木根さん」サイン会)(4回目)
TOO YOUNG TO DIE!(立川 極音 日本語字幕)
ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!(立川 爆音)(2回目)

7月18日
KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV
ウォークラフト

7月24日
ONE PIECE FILM GOLD

7月30日
ファインディング・ドリー(平和島 imm sound)
シン・ゴジラ(平和島 4DX)

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
「TOO YOUNG TO DIE!」
「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」
「ウォークラフト」
「ONE PIECE FILM GOLD」
「ファインディング・ドリー」
「シン・ゴジラ」



8月6日
シン・ゴジラ(新宿TOHO TCX)(2回目)

8月17日
ガールズ&パンツァー 劇場版(立川 爆音6.1ch)(21回目)
シン・ゴジラ(立川 爆音 日本語字幕)(3回目)



9月2日
戦車ライド

9月7日
ペット

9月9日
HiGH&LOW THE MOVIE

9月11日
君の名は。(立川 極音)

9月12日
スーサイド・スクワット

9月15日
シン・ゴジラ(新宿TOHO 発生可能上映)(4回目)

9月17日
レッドタートル

9月18日
聲の形

9月23日
HiGH&LOW THE MOVIE(2回目)

「戦車ライド」
「ペット」

「HiGH&LOW THE MOVIE」
ごめんなさい。EXILE、ナメてました。
ここはどこの日本なんだとド肝を抜かれるオープニング、本編の半分はケンカづくし、ドラマ未見なのにそれでもアツイと分かるテンプレ展開。
映像と歌の暴力に2時間殴られっぱなしだった。
とにかく劇場で観てほしい作品。


「君の名は。」

「スーサイド・スクワット」
キャラがどんなに立ってても、シナリオに芯が通ってないとクソつまらなくなると教えてくれた駄作。
ハーレイ・クインを愛でる映画としては傑作。


「シン・ゴジラ」
「レッドタートル」
「聲の形」



10月22日
パシフィック・リム(立川 爆音6.1ch)(たしか5回目)
バトルシップ(立川 爆音6.1ch)

10月27日
怒り

「バトルシップ」
「怒り」



11月12日
ガールズ&パンツァー 劇場版(4DX)(22回目)

11月17日
この世界の片隅に

11月25日
ガールズ&パンツァー 劇場版(立川 爆音6.1ch)(23回目)

11月29日
機動戦士ガンダム THE ORIGIN W 運命の前夜

「この世界の片隅に」
「ガールズ&パンツァー 劇場版」
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN W 運命の前夜」



12月
ドント・ブリーズ

12月
フィッシュマンの涙

「ドント・ブリーズ」
「フィッシュマンの涙」
posted by ドロシー! at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。