2018年01月15日

アフィリエイト2018




ガルパン関連。


シュタゲ。







スイッチ




posted by ドロシー! at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年でたゲームブック2018

2018年に出たゲームブックをまとめてみた。

関連
いまでも手軽に買えるゲームブック
いまだからこそ遊べる電子書籍のゲームブック2014年版
今年でたゲームブック2015
今年でたゲームブック2016
今年でたゲームブック2017



「ロール&ロール」では、おはなし迷路の「ラビリンストーリー」が連載している。
最近、難易度がちょびっと上がりました。

Vol.161は「AFF」のソロアドがあり、鍵が足りなくてむせび泣くことができる。
Vol.170は「ブラマタリの供物」の前日譚のゲームブックが載っている。


FT書房の最新刊。
C93(2017年の冬コミ)で配布された、
1057パラグラフという圧倒的なボリュームのゲームブック。
商人がかえる沼を探索して貿易で金を稼ぐ、異端な作品で、
この1冊での世界の広がりが楽しい。


C93(2017年の冬コミ)で配布されたTRPG。
選択肢がありゲームブック風になっている。



「T&T」のソロアド。


山田賢治さんの「剣豪推参」をオンデマンド出版したもの。


山田賢治の脱出ゲームブック。


「本当に怖いストーリー」シリーズの最新刊にゲームブックが収録されている。


「ドラえもん」のゲームブック。
パズルブックです。


「GMマガジン」は「ソードワールド2.0」のソロアドが載ってます。


「ウォーロックマガジン」が復活。
TRPGの「T&T」や「AFF」がメインの雑誌で、ソロアドも豊富。


TPRG「クラヤミクライン」は、選択肢で物語が進む、ゲームブック方式のシナリオがある。


「巴マミの平凡な日常」の5巻にゲームブック回がある。


「フェアリーテイル」は人気マンガのゲームブック化。
「七つの大罪」や「進撃の巨人」に引き続き、藤浪さんの作品。


「ブラマタリの供物」はフーゴ・ハル氏のクトゥルフのゲームブック。
本に仕掛けがある模様。


「ルネと秘宝をめぐる旅」は脱出ゲームブックで、ルネシリーズの第2弾。


「EXIT 脱出:ザ・ブック ダ・ヴィンチ学園の謎」は脱出ボードゲーム「EXIT」のブック版。


映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」の関連書籍の1つ。
マンガタイプのゲームブックになっている。
似た表紙の関連書籍が複数の出版社から出ているので注意。これはKADOKAWA版。



電子書籍


FT書房の神崎マコトさんの個人出版のゲームブック。
グロい描写が満載の神崎節は健在。


色々なところでゲームブックを発表している緒方直人さんの作品。


「森の熊」は選択をミスると一発死するタイプのゲームブック。


幻想迷宮書店から完全新作!
波刀風 「賢治」さんのデビュー作。


ゲームブックのガイドブック。
今世紀にゲームブックのガイドブックがでるのは素晴らしい。
波刀風 賢治さんのゲームブックも収録。


ちゃなさんの新作。



ゲームブックではないんだけどゲーム関連。



posted by ドロシー! at 12:03| Comment(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。