2014年07月06日

映画「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」

映画「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」を観にいく。

自分は重度の車田ファンだけど楽しんだ。
端折られたり改変されて残念な部分もあるけど、純粋に「星矢」として、1つの映画として面白かった。
光政や辰巳までGC化するとは思わず、序盤からどう料理されるのかワクワクしながら観てた。
個人的に「アナ雪」の直後に観るという不利な状況だったけど、それでもCGのクオリティに不満はなかった。
(ハードル下げてたし、ファンの欲目もあるけどね)
映像の作りがゲームのポリゴンムービーに近いので、ゲーム業界の方は観ておくといいかも。部分部分、いい意味で低燃費。


よかった所

・93分しかないのに、かけ足せずにゆったりと十二宮編が完結してる
・よくも悪くもJC沙織さんが女神すぎる
・紫龍がいろいろ美味しい
・予想外の山羊座の活躍
・ワキ毛w
・ラスボスのラスボス感w

悪かった所

・予告にあった「ペガサス幻想」がかからない(激怒)
・すべての聖衣が戦闘時にヘルメット状になるので表情が見えない
・空が見える背景がカキワリで、それなのにボケてて汚い
・エフェクトがゲーム調で綺麗なだけで迫力がない
・廬山昇龍覇がアッパーじゃない
・決着がつかずモヤモヤするバトルが多い
・黄金が必殺技をほとんど叫ばない
・偽アテナの所在不明
・辰巳がただの執事化
(濁してるけどちょっとネタバレぎみなので隔離)










・瞬と一輝が活躍しない
・蠍座の設定は驚いたけど、相手が星矢だったせいで、ちょっと待て、になった
posted by ドロシー! at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401155708

この記事へのトラックバック