2015年02月26日

「ゲーム+カレシ -テニプリ-」

ゲームブック「ゲーム+カレシ -テニプリ-」のフローチャートです。

ゲーム+カレシ.jpg

(フローの矢印の色は見やすさのためで、ゲーム的な意味はありません)

攻略対象が14人もいますが、テキトーに読めばテキトーにクリアできます。
ぶっちゃけ、メンドくさくなったら、1ページから順番に読んでも楽しめるでしょう。

この作品のフローチャートは面白く、4部構成になっています。
各部ごとに14人の話が1つずつあるので、14×4の56パラグラフ。

1部は1回のプレイではすべてを読むことができない、各キャラの軽いエピソード。

2部は89ページからはじまる攻略キャラを決める重要なパート。
1番目の選択肢を選ぶと次のキャラに進み、2番目の選択肢を選ぶまで無限ループになります。

3部は173ページ以降の好きなキャラの告白パート。
2部で、好きなキャラの選択肢で2番目を選ぶと進むことができ、身悶えます。

4部は257ページ以降の、カラーで告白のその後が描かれます。

照れた幸村が似合わなくてかわいかったり、照れた手塚が似合わなくてかわいかったり、不二が手塚のことを語るのがかわいかったり、存在を忘れていた財前が思いのほかかわいかったりして、色々かわいい。
跡部様とのヘリはキュンとなったわ。

選択肢が場所を選ぶだけなので、知識や想像力がないとそこで誰と会えるか分からないんだけど、いい意味でそういう仕組みにはしてないと思う。

そんなわけで、今年はじめて出版社から出たゲームブックは、予想外に非公式のアンソロでした。

posted by ドロシー! at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414717369

この記事へのトラックバック