2018年01月15日

今年でたゲームブック2018

2018年に出たゲームブックをまとめてみた。

関連
いまでも手軽に買えるゲームブック
いまだからこそ遊べる電子書籍のゲームブック2014年版
今年でたゲームブック2015
今年でたゲームブック2016
今年でたゲームブック2017


「ロール&ロール」では、おはなし迷路の「ラビリンストーリー」が連載している。
最近、難易度がちょびっと上がりました。

Vol161は「AFF」のソロアドがあり、鍵が足りなくてむせび泣くことができる。


FT書房の最新刊。
C93(2017年の冬コミ)で配布された、
1057パラグラフという圧倒的なボリュームのゲームブック。
商人がかえる沼を探索して貿易で金を稼ぐ、異端な作品で、
この1冊での世界の広がりが楽しい。


C93(2017年の冬コミ)で配布されたTRPG。
選択肢がありゲームブック風になっている。


「T&T」のソロアド。


山田賢治さんの「剣豪推参」をオンデマンド出版したもの。


山田賢治の脱出ゲームブック。


「本当に怖いストーリー」シリーズの最新刊にゲームブックが収録されている。


「ドラえもん」のゲームブック。
パズルブックです。


「GMマガジン」は「ソードワールド2.0」のソロアドが載ってます。


「ウォーロックマガジン」が復活。
TRPGの「T&T」や「AFF」がメインの雑誌で、ソロアドも豊富。




電子書籍


FT書房の神崎マコトさんの個人出版のゲームブック。
グロい描写が満載の神崎節は健在。


色々なところでゲームブックを発表している緒方直人さんの作品。


「森の熊」は選択をミスると一発死するタイプのゲームブック。




ゲームブックではないんだけどゲーム関連。



posted by ドロシー! at 12:03| Comment(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。