2015年02月26日

「ゲーム+カレシ -テニプリ-」

ゲームブック「ゲーム+カレシ -テニプリ-」のフローチャートです。

ゲーム+カレシ.jpg

(フローの矢印の色は見やすさのためで、ゲーム的な意味はありません)

攻略対象が14人もいますが、テキトーに読めばテキトーにクリアできます。
ぶっちゃけ、メンドくさくなったら、1ページから順番に読んでも楽しめるでしょう。

この作品のフローチャートは面白く、4部構成になっています。
各部ごとに14人の話が1つずつあるので、14×4の56パラグラフ。

1部は1回のプレイではすべてを読むことができない、各キャラの軽いエピソード。

2部は89ページからはじまる攻略キャラを決める重要なパート。
1番目の選択肢を選ぶと次のキャラに進み、2番目の選択肢を選ぶまで無限ループになります。

3部は173ページ以降の好きなキャラの告白パート。
2部で、好きなキャラの選択肢で2番目を選ぶと進むことができ、身悶えます。

4部は257ページ以降の、カラーで告白のその後が描かれます。

照れた幸村が似合わなくてかわいかったり、照れた手塚が似合わなくてかわいかったり、不二が手塚のことを語るのがかわいかったり、存在を忘れていた財前が思いのほかかわいかったりして、色々かわいい。
跡部様とのヘリはキュンとなったわ。

選択肢が場所を選ぶだけなので、知識や想像力がないとそこで誰と会えるか分からないんだけど、いい意味でそういう仕組みにはしてないと思う。

そんなわけで、今年はじめて出版社から出たゲームブックは、予想外に非公式のアンソロでした。

posted by ドロシー! at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

「クトゥルー・ミュトス・ファイルズ」のフローチャート

創土社から刊行されている、「クトゥルー・ミュトス・ファイルズ」シリーズの、ゲームブックのフローチャート(エクセル)です。

「ウィップアーウィルの啼き声」フロー
「バーナム二世事件」フロー
「超時間の檻」フロー
「闇に彷徨い続けるもの」フロー

2014年8末の時点では4作が発表されており、ジャンルはさまざま。

「ウィップアーウィルの啼き声」は分岐小説。
「バーナム二世事件」はミステリー。
「超時間の檻」はループもの。
「闇に彷徨い続けるもの」は壮大なコズミックホラー。

同じクトゥルーものなのに、あまりにも異なる構造の差を、
フローチャートからお楽しみください。
(「超時間の檻」以外は、正誤表もついてます)

ちなみに、「バーナム二世事件」と「超時間の檻」は、フロー自体がネタバレ風味なので注意。
いつもは、隠しパラグラフの数字は隠していたのですが、
それだと「闇に彷徨い続けるもの」がほとんど数字なしのフローになるので、
この作品だけは隠しませんでした。

posted by ドロシー! at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

「コミュニティデザインの仕事」

ゲームブック(と呼んでいいのか)「コミュニティデザインの仕事」のフローチャートを書いたのでアップします。

コミュニティデザインの仕事.pdf

末期にエニックス文庫を見てるような縦長のフローで、文章は読んでないけど、緊張感はなさそう。
posted by ドロシー! at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

バニラのお菓子配達便!

「バニラのお菓子配達便!」1巻と2巻のフローチャートです。

「バニラのお菓子配達便!」フローチャート
「バニラのお菓子配達便!A」フローチャート

最後に、かんたんな攻略とトランプの配列表を載せました。
トランプの配列は、2巻になって偏りがなくなったのを実感。


「バニラのお菓子配達便!」(1巻)正誤表
◆ご注文その3
・番号26
最後に以下の文を追加。
ただし、ダイヤの場合は引きなおすこと

・番号58
(<フォーチュン・カード>を持ってるならば、1枚(スートは何でもいい)捨てることによって、もう一度41へ行き、判定を再挑戦できる。<フォーチュン・カード>が1枚もないなら、5へいったん戻って、やりなおすこと)

(もう一度41へ行き、判定を再挑戦できる。ただし、ダイヤ以外の<フォーチュン・カード>を持ってるならば、1枚捨てること)
posted by ドロシー! at 00:42| Comment(1) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

「グイン・サーガ ラルハスの戦い」

ゲームブック「グイン・サーガ ラルハスの戦い」のフローチャートをアップしました。

「グイン・サーガ ラルハスの戦い」フローチャート(エクセルファイル)

小説「グイン・サーガ」を原作としたこのゲームブックは、ゲームとしては面白くありません。
序盤から、逃げるのが得策な戦闘があったり、セービングロールの難易度が高かったり、冒険としてはともかく、ゲームとしてはデメリットしかないイベントが多かったり、持ってないアイテムが必要な場所があったりと、色々ストレスが溜まります。
武器庫に斧(武器値5)があるのに、小刀(武器値1)もあったり、接近戦では使えない弓があるが、そもそも接近戦しかなかったりと、本当は、アイテムに色々意味を持たせたかったけどオミットしたと思われるところもちらほら。
序盤は体力レベル判定が多く、後半は知力判定が多いのも、あまりバランスがいいとはいえません。

ですが、原作である「グイン・サーガ」を知っていると楽しめる場面がたくさんあります。
(以下ネタバレあり)



続きを読む
posted by ドロシー! at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

「悪夢の妖怪村」攻略フローチャート(修正版)

7月27日にDSiウェア版「悪夢の妖怪村」が発売されます。

http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiware/kyoj/index.html

ゲームブックをデジタル化するなら、次は「悪夢」シリーズにしたいな、とは思っていたので、正直、悔しかったりもして。
攻略の足しになるかなと、かつてアップしたフローチャートを見てみたら、最近上げているフローとはちょっと違っていたので修正してみました。

「悪夢の妖怪村フローチャートVer.1.11(エクセルデータ)

修正箇所は、以下の通り

・条件を満たしていないと選べない選択肢を赤い矢印に修正
・何かを得るパラグラフを赤に、失うパラグラフを青に修正
・アイテムリストをエクセルデータ化。また、チェックを入れないと視覚化できないよう修正
・中央寄せしていたフローを、基本的に左寄せに修正

以下7月30日修正
・隠しパラグラフを紫の矢印に修正
・全体フロー(地図)の駅およびウミボウズの位置を修正
・コンビニのフローに、条件付の赤い矢印を追加
・攻略の段々畑で持っていくものを修正
・DSi版に伴い、結末一覧とDSi版のヒントを追加

フローそのものが変わったわけではありません。

27日、有給取ろうかな。

posted by ドロシー! at 21:09| Comment(1) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

「パックス砦の囚人」

ゲームブック「パックス砦の囚人」をクリア。

「パックス砦の囚人」フローチャート

きっかけは、イエサブで表紙の違うバージョンを手に入れたから。
「パックス砦」は小説「ドラゴンランス戦記」の世界観のゲームブックだが、同じ世界観の「ウェイレスの大魔術師」や「奪われた竜の卵」がいまいちだったのでやってなかった。

そこまで面白いとは思わないまでも「ドラゴンランス」を懐かしむ意味では面白かった。
ヴェルミナルドがバーミナード、パックス・タルカスがパックス・サーカスなど、小説版と訳が違うのが気になるも、これ○○じゃね、と思い出せるほど原作は好きだ。

頻繁にあるセービングスローを、経験点を消費して成功しやすくできるといった戦略性もあるのだが、経験点がグッドエンド(ベストエンドではない)を見たときにのみ手に入るので、何度も経験点を持ち越してクリアするのがルールに則った解きかたかな。
初回クリアは、経験点が少ない関係でダイス運が必要になる。

女ケンダーと同行したり、スレームストライク(ドラゴン)を騙したり、白い牡鹿が出てきたりと、原作を知ってるとより楽しめるイベントが多い。
反面、説明不足などから、「ドラゴンランス」を知らないと唐突しぎてイマイチ感情移入しにくいだろう。

フラグアイテムもなく、最短ルートを進むことが最善になるのは残念。
バーミナードの侵略マップを見つけても、魔法の剣を手に入れても、ゲーム的に有利になることはない。
それだけシナリオ重視といえば聞こえはいいが、前述の通り説明不足だから、そこまで面白いわけでもない。
劇中に散々名が挙がるラスボスは、それなのに最終決戦が淡白すぎだ。
(クリアには必要のない)ゾンビーとの攻防のような読み応えのあるシーンもあるだけに、もっと比重を考えて欲しかった。
パックス砦に囚われないクリアルートもあるのだが、それだとベストエンドにならないのも、ゲームマスターの都合が見えてしまってイヤだったな。
「ドラゴンランス」が好きな人に、読み物として薦めることはできるけど、ゲームとしてはイマイチな作品でした。

posted by ドロシー! at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

「グラディウス」フローチャート

昔作ってたのにアップしてなかった、ゲームブック「グラディウス 未知との戦い」のフローチャートです。
2008年の1月には完成してたのに、なんで上げてなかったんだろ。

「グラディウス」

ゲーム的には、アイテム名の統一ができてないなどの不備がありますが、それ以上に骨太なSF設定が魅せる作品です。
双葉社初期のゲームブックは名作が多いですね。

posted by ドロシー! at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

「夢幻の双刃 状況記録値フロー」

ゲームブック「夢幻の双刃」の状況記録値の変移フローを作りました。
(フローチャートは、まだ確認作業――特に、戦闘バランスのチェック――が終わっていないので、もうしばらくお待ちください)

「夢幻の双刃 状況記録値フロー」

ストーリーがいかに緻密な計算で構築されているかが伝わると幸いです。
特に、B・E・F・Gが、それぞれを干渉することなく最大値まで上げられるルートは圧巻。
たとえばショッピングモールでは、これ以上選択の余地がないくらい、限られた行動しか取れません。
(ショッピングモール2階→同4階→同3階→手前のビル3階→同屋上→オフィスビル3階→同屋上)

ちなみに、今回からエクセル2007を使って作成しました。
(おかげで作業効率が落ちる羽目に……)
2003以前で不具合がありましたらご報告ください。
posted by ドロシー! at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

「不思議なジュリエット」

ペパーミントゲームブック「不思議なジュリエット」のフローチャートです。
今回から「項目チェック」というシートを増やしました。
これは、そのパラグラフからどこへ進むか、このパラグラフは何ヶ所から来ることが出来るかが分かります。
(これがあれば、隠しパラグラフは一目瞭然……のはずが、隠しパラグラフが無限ループしていたので気づかなかったのが無念……)
巻末に攻略と正誤表があります。

「不思議なジュリエット」

いかに一本道が多く、大迷宮が莫大かをご堪能ください。(笑)

posted by ドロシー! at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

「魔界の滅亡」

ゲームブック「魔界の滅亡」(「ドルアーガの塔」3部作第3巻)のフローチャートです。

「魔界の滅亡(東京創元社版)」

「魔宮の勇者たち」の比較をしていたら、テキスト系の修正が思いのほか多くてめげそうだったので、気分転換にやってしまいました。
(ちなみに、「魔宮の勇者たち」のフローで、ドルイドのパラメータのミスや、アイアンゴーレムでは経験値を無限増殖できないことにに気づきました)
(比較が終了したときに、あわせて訂正します)

驚いたのは、強化する気がないなら、意外と簡単にドルアーガに会うことができること。
ダンジョン全体が複雑なことには変わらないのですが、はじめに行けないフロアが6フロアしかなく、手順を踏まないと手に入らないアイテムもほとんどありません。
特に、敵を倒さないと手に入らないアイテムが「鋼の矢」しかないのは予想外でした。
posted by ドロシー! at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

「アドベンチャーブックス」

ゲームブック「アドベンチャーブックス」シリーズのフローチャートです。

「アドベンチャーブックス」

あからさまなバッドエンド以外は、すべて平等なグッドエンドになるので、フローが末広がり型になっているのが特徴です。
(ほとんどのゲームブックは、たとえば、「火吹山」なら、川の渡し守やザゴールのパラグラフのように、分かれていたルートを1度、収束するパラグラフがあります)
唯一、「殺人犯をさがせ」は、とあるパラグラフに収束していますが、これとて、それ以外にも、グッドエンドは色々なところに分散しているんですよね。
この末広がり型フロー(多岐にわたるグッドエンド)こそが、ほかのゲームブックにはあまりない、「アドベンチャーブックス」の魅力といえるでしょうか。
posted by ドロシー! at 10:16| Comment(2) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

「魔宮の勇者たち」

ゲームブック「魔宮の勇者たち」(「ドルアーガの塔」3部作第2巻)のフローチャートです。

「魔宮の勇者たち」

攻略や隠しパラグラフの部分を白字にすることで、普通には読めなくしました。
また、今回のバージョンは、東京創元社版が手元になかったので、厳密な比較ができていません。
シート「差異」は、曖昧な記憶とネットを調べて作ったもので、間違いがあるかもしれません。
(特に自信がないものには「???」がついています)
posted by ドロシー! at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

「かいだん・もう1つの世界」

「季刊R・P・G」第4号(最終号)に掲載されているはみ出しゲームブック「かいだん・もう1つの世界」のフローチャートです。
短編ですので、ほかの2作とあわせて、1つのBOOKにしてあります。

「はみだしクエスト」

今回は、「クロスワードランド」に掲載された「かいだん」のアレンジしただけに、同じ仕掛けも存在します。
しかし、一見、落丁にも見紛う、見開き2ページで1パラグラフを活かした、とある仕掛けが追加されることで、満足度ががらりと変わりました。
その仕掛けは、何重ものワナになっており、「季刊R・P・G」の体裁を考えた、本ならではの最高の仕掛けになっていると思いますので、興味がある方は是非。
正直、この仕掛けはデジタルではやれないだけに、やられたと思いました。
それだけに、雑誌自体が休刊してしまうのが残念でなりませんね。

posted by ドロシー! at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

「宿命の対決」

季刊「R・P・G」第3号に掲載されている「はみだしクエスト02 宿命の対決」の攻略マップです。

「はみだしクエスト」

量が量なので、「財宝とアリ地獄」と同じBOOKに納めてみました。
今回も、マップとパラグラフナンバーのみで、攻略のヒントはありません。
ちなみに、本編では、某所から5手で邂逅できるとありますが、3手で合流できるルートを見つけました。
5手のルートは、その直前から同じ場所(ページではない)に重なってしまうので、3手ルートのほうが、その前に同じ場所に重ならない分、美しい解法な気がしました。
探してみてください。
posted by ドロシー! at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

「財宝とアリ地獄」

はみだしゲームブック「財宝とアリ地獄」のフローチャートです。
(フローというか、マップです)

「財宝とアリ地獄」

ただし、パラグラフナンバーが書いてありますので、ルートを試行錯誤するのには役立つと思います。
このゲームは、ヒント自体が答えのようなものなので、ヒントはありません。
ぜひとも、HUGO HALLさんに弄ばされてみてください。
posted by ドロシー! at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「淫虐の黒騎士ローザ」

この記事はアダルトコンテンツです。
そのような表現を不快に感じるかたは、閲覧をご遠慮下さい。

続きを読む
posted by ドロシー! at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

「悪魔に魅せられし者」

ゲームブック「悪魔に魅せられし者」(「ドルアーガの塔」3部作第1巻)のフローチャートです。

「悪魔に魅せられし者」

復刊した創土社版に準拠していますが、東京創元社版にも対応しています。
攻略や隠しパラグラフの部分を白字にすることで、普通には読めなくしました。
最後に、両者の比較とパラグラフシャッフルがあります。



更新履歴
1月16日
「差異」の体力ポイントの求め方を、2d6+18から1d6+18に修正。
「18階」相部屋の扉の位置を修正。

1月17日
「差異」のあなたの攻撃のヒットする条件を追加。
「差異」のカギが使うとなくなることを追加。
posted by ドロシー! at 01:58| Comment(2) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

「傭兵剣士」

TRPG「T&T」のソロアドベンチャー「傭兵剣士」のフローチャートです。

「傭兵剣士」

この作品は短いことと、マップ自体がネタバレなので、ネタバレ攻略はありません。
posted by ドロシー! at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

「悪夢の幽霊都市」

ゲームブック「悪夢の幽霊都市」のフローチャートです。

「悪夢の幽霊都市」

攻略や隠しパラグラフの部分を白字にすることで、普通には読めなくしています。
また、「悪夢の幽霊都市」はマップ間の移動が多いため、飛び先の地名を明記しました。
posted by ドロシー! at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | フローチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。