2009年10月05日

ゲームブックDS第2弾

ブロッコリーから「ゲームブックDS ソードワールド2.0」が10月29日に発売予定ですが、第2弾が発表されました。

http://gmstar.com/ds/koukakunoregios.html

「鋼殻のレギオス」だそうで、ぶっちゃけ、富士見書房の人気タイトルをゲームブック風にアレンジしました、というシリーズになりそうですね。
世代的には「蓬莱学園」とか「タイラー」なんだけど、相性的には「富士見ミステリー文庫」の人気作をゲームブックにしたほうがいいんじゃね……と思いきや、この文庫、2009年3月で終わってるのね。
となると、富士見の題材を使う限り、この路線しかないのか。

ま、まずは「SW2.0」を触ってみないと、なんともいえませんね。

posted by ドロシー! at 02:46| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

「ゲームブック・ラボR」ソフトバンク版オープン

本日9月16日から、「ゲームブック・ラボR」のソフトバンク版がオープンしました。

QRcode.png

どのようなアプリかは過去の記事をご覧ください。

http://parahaza.seesaa.net/article/113141558.html


現在配信中のアプリは以下の4タイトル。

「炎冠山の魔術師」(旧題「火吹山の魔法使い」)
「バルサスの城砦」(旧題「バルサスの要塞」)

「まったり・ウラシマ・アドベンチャー」
「マイステリ・ゲームズの事件簿 殺意の響き」


前者2タイトルは骨太な「ファイティング・ファンタジー」シリーズ。
後者2タイトルはHUGO HALL氏が作ったショートアドベンチャーで気軽に遊ぶことができます。

ソフトバンク版の特徴として、docomo版の「炎冠山」「バルサス」「ウラシマ」は、画像の通信が必要な関係でパケホーダイ必須でしたが、パケホーダイに入らなくても1回のダウンロードで遊べるようになりました。

これから毎月、「ファイティング・ファンタジー」と「ショートアドベンチャー」を1タイトルずつ配信予定です。
ご期待ください。

また、対応機種は以下になります。

・804SH
・805SC
・810SH
・810T
・811SH
・811T
・812T
・813T
・814SH
・814T
・815SH
・815T
・820SC
・820T
・821SC
・822T
・823P
・823T
・824P
・824SH
・825SH
・904SH
・905SH
・910SH
・910T
・911SH
・911T
・912SH
・912T
・913SH
・920P
・920SC
・920SH
・920T
・921P
・921SH
・921T
・922SH
・923SH
posted by ドロシー! at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

目神Tシャツをお持ちのPIPな皆様

毎年恒例となったHUGO HALLさんのTシャツですが、今年の目神Tシャツはプリントミスで刷り直すことになったようです。
目神Tシャツをお持ちのPIPな皆様

ご迷惑をおかけした目神Tシャツですが
目神様のご加護か、
あきらかな業者のミスだったのか(プリントが甘かったらしい)、
全部刷り直しと決まりました。

購入頂いた方全員に、近々新品をお送りいたします(9月中の予定)。
すでに手にしている分は、返品して頂く必要はありませぬ。
裏返して着続けるなり、飾るなり、リサイクルするなり
目神様に失礼にならない範囲で、
お好きにしてください(転売とかするんじゃないぞ)。

なお、新品がもらえるなら別の色、サイズで…というのはナシです。
あくまで、不良品交換だからなのですね。

新たなブツは、基本的に、全ての方に宅急便で送りつける手はずです。
いや、店に取りにいきたいぞという場合は、
時間がなくてすみませぬが、9/9までに
 hall@ul.fool.jp
宛てに、ご連絡くださいませ。 


HUGO HALL
posted by ドロシー! at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

HUGO目神Tシャツのご注意ください帆面

HUGO HALLさんから、目玉Tシャツに関しての注意が届きました。

PIPな皆様

目神Tシャツをお持ちの方へ

洗濯で乾燥機にかけますと、
目の部分の特殊印刷の表面が溶け出して、毛羽立ちが潰れ、
毛がぬけたようになってしまう可能性があるようです。
自前の目神Tシャツで、実証してしまいましたしくしく。

念のため、ご注意ください。

HUGO HALL
洗うときはお気をつけください。
posted by ドロシー! at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

ペーパーウェイト、到着!

タクラマカン砂漠から出土された魔界の地下迷宮が、怪しい人からの手渡しで、ついに到着しました。

14 箱.jpg 女神 箱.jpg

そんなわけでまずは「箱」
こんなところまで凝っています。
「円形扁平目神紋様硝子重石」って長いよ!

で、中身は――

14.jpg 女神.jpg

ずっしりと重みがあり、ペーパーウェイトとしてではなく、インテリアにも最適。
でも、落すと大変なことになるかもしれないので、取り扱いには細心の注意が必要かも。

集合.jpg

せっかくなので集合写真も。
どこかで見たことがある構造なのは気にしない気にしない。
posted by ドロシー! at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

DS版『ファイティング・ファンタジー火吹山の魔法使い』

伝説のゲームブック『ファイティング・ファンタジー火吹山の魔法使い』がDSで復活

http://gs.inside-games.jp/news/194/19420.html

こんな目玉のモンスター、いたっけ?
posted by ドロシー! at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

永遠の14ペーパーウエイト(魔城の目神も一緒だよ)のご紹介

「魔界の地下迷宮」のTシャツを発表したHUGO HALLさんから、さらなる追加アイテムが登場!

サイトかってにオープン記念
永遠の14ペーパーウエイト(魔城の目神も一緒だよ)のご紹介


ハンドメイド・クリスタルガラスにレーザー刻印を3回重ねてこさえた、こんなものに手間かけすぎのペーパーウエイトです。
14ペーパーウエイトのイラストは、お気に入りのやつで、魔神さまがHELLOしているあれです。

14サンプル写真.jpg 14ウエイトサンプル.jpg

魔城の目神ペーパーウエイトの方は、目神とともにルドス語で「ワタシハ マヨウタメニ ウマレタ」の文字。

目神サンプル写真.jpg 目神ウエイトサンプル.jpg

14ペーパーウエイトは本型。立てて置いたりするとかっちょいいですし、丸いカタチの魔城の目神の方は、漬け物石などに使われるとモダンです。

ペーパーウエイトの大きさですが、14の方が55×78×幅19ミリぐらい。
魔城の目神の方は、直径70×幅16ミリぐらい。
参考までに、カップ(Dead or Alive マグカップ)と並べてみました。
あのカップを持っているなら見当がつきますねっ。

サイズサンプル写真.jpg

価格は、どちらもTシャツと同じ¥3990
次回からはこのお値段では出せそうもない、内輪もめした末の、お祭り特価であります。
ブツは、代金引き替えの宅急便か、TOKYO吉祥寺のセレクト・ショップLIGHT BULBに取りにくる(その場合はもちろん送料タダ)か、どちらか選べます。

不況と寄る年波をものともせずご希望の方はHUGO HALL→okutani@i-ml.comまで、

ブツの名前(14か目神か両方か)/個数/宅急便か・店に取りに行くか/住所/電話番号

に、その他何かあれば「何か」とでも書き添えてお送りください。おって、2日以内に返事を返します。
返事が返ってこない時は、届かなかった証なので、もう一度送ってみてください。

締め切りはTシャツと同じく09/6/14。
それぞれ30個の希望が集い集まれば製作できます。
ただし、季節ものではないので6/14に30集まらない場合も、募集は続け、30個を越えた時点で製作といたします。
だって自分も欲しいんだもん。

また、クリスタルガラスの在庫次第では、完成の期日にばらつきが生じる可能性もあり、その場合は申し込み順とさせていただきます。

Tシャツと一緒に送れると、送料もアレするんですけど、現時点ではまだ30枚を越えておりませぬおりませぬ、おりませぬ。
魔界の影響でしょう、たぶんたぶんね。
締め切りの6/14までよろしくお願いしたい次第であります。
本人も欲しいというだけあって、美しいデザインに仕上がっていますね。
サンプルを触らせてもらったのですが、詩的魔神さまの棺おけや、目神さまのまっすぐな視線なみに、ズッシリとした重みがあり、鈍器にも最適です!!
posted by ドロシー! at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

私は迷うために産まれた

引き続き、目神さま。
さりげなくHUGO HALLさん公式サイトのオープンも告知してありますね。

<GOTO HUGO仮オープン記念。魔城の目神Tシャツ>

 HUGO HALLのサイト「GOTO HUGO」が仮オープンいたしました(http://hall.fool.jp/)。毎月14日目安にギャラリーを入れ替えたり、コンテンツをもりもり充実させていく予定、つもり、希望でして、お代はタダときたもんだ、ちくしょうめ。
 その仮オープンを記念しまして、HUGOの脳内同居人が以前こさえましたトンデモ立体迷宮ゲームブック「魔城の迷宮」に登場する、目神のTシャツもついでに用意してみました。枯れ木も山の賑わいです、わっしょい。
 表に指紋風の地に目神、バックにルドス語で「ワタシハ マヨウタメニ ウマレタ」の文字(迷路職人による実筆)。Tシャツのボディーは今回に限りブラックなどもいい感じに仕上がるように色味を工夫してみました(お勧めの見本画像参照)。

目神.jpgルドス文字.jpg 目神とルドス語。「これってローマ字だよね」は禁句です。

目神Tシャツサンプル.jpg お勧めの見本画像1

目神Tシャツカラーサンプル.jpg お勧めの見本画像2

 こちらもセレクト・ショップLIGHT BULBの協力により、プロ仕様のしっかりした品が、業者の都合で30枚集まれば製作開始。サイズはS,M,L,XL。プリントの色は変えられませぬが、Tシャツは白とサンプルの色、その他の色はそれなりに対応できます。また、XL以上のサイズや、レディースサイズ、ジュニアサイズも可です。
 繰り返しになりますけど、ブツは、代金引き換えの宅急便か、吉祥寺の店に直接取りにくる(その場合はもちろん送料タダ)か、どちらか選べます。

 ご希望の方はHUGO HALL→okutani@i-ml.comまで、名前/枚数/サイズ/色/宅急便か・店に取りに行くか/住所/電話番号に、物足りないなら天気や腹具合、銀行口座と暗証番号、リクエストでも添えてお送りください。2日以内に返事を返します。返事が返ってこない時は、届かなかった証なので、もう一度送ってみてください。

 締め切りはこちらも09年6月14日。ですが、こちらはご場合よったら延びるかもでございます。


署名 HUGO HALL
posted by ドロシー! at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉め忘れた扉のカギ

毎年恒例、HUGO HALL Tシャツが今年も販売!
今回のネタは、去年末に登場したグレイルクエスト第3巻「魔界の地下迷宮」と、なんと「魔城の迷宮」の「目神さま」!
まずは、「魔界の地下迷宮」からどうぞ。

HUGO HALL

「魔界の地下迷宮」ゴメン&アゲインTシャツのご紹介

 大変なお詫びをいたさなければなりません。
「魔界の地下迷宮」が出版されて20年ちょっと。昨年末、復刻もなされました。ご存じとは思いますが、アレは、閉め忘れた魔界の門をPIPが閉めに行くという、すっとこどっこいのアドベンチャーです。そして閉めるためには、とある某所で、魔界の門のカギを手に入れなければなりません。そのカギはセクション136のコレ(下図)なのですけれど、文章には「大きな真鍮の環に通してあって、大きな真鍮の札が付属している」と記されています。でもこのカギ、大きな真鍮の環になんか通っていません。

古いカギ.jpg ≠魔界の門のカギ

 カギ、違うじゃんか。
 そうなのです。コレは、魔界の門のカギではなかったのです。
 つまり「魔界の地下迷宮」を冒険済みで、門を閉めたつもりでも、肝心のカギが別モノとあっては、門はいまだ開きっぱなしのまんまなのであります。
 約四半世紀、「魔界の地下迷宮」の関係者は一人として気付かず、賢明なPIPの皆さまからも詩的、いや指摘がなかったというのも、グレイルクエストらしい話ではあります。しかし、気付いてしまった以上、この問題をやっつけでもやっつけてしまわねばなりますまい。そこでこのたび、正しいカギをこっそり用意させて頂いた次第であります。
 途中で落としたり、邪魔にならぬよう、Tシャツの背後にしっかりと固定。「魔界の地下迷宮」に再度潜り込み、このカギでもって、門を閉めに出かけて頂きたい次第であります。

新しいカギ.jpg =魔界の門のカギ

 また、Tシャツの表には、ボタボタ、パンくずを食べる金貨、ちっちゃい老婆怪物等、地下迷宮の住民に加えて、原題タイトル「The Gateway Of Doom(TGOD)」を配し、アソコで遭遇するであろうモノどもへ、心の準備ができるように考慮されています。

TGODT表側.jpg

 今回も30枚以上の予約が集まれば、製作可能となります。締め切りは6/14。集まらぬ場合は、魔界の扉は開けっぱなしとなります。ま、それもいいか。


<「魔界の地下迷宮」ゴメン&アゲインTシャツの詳細>

 表側には、妖気漂うグレーの上に、「魔界の地下迷宮(創土社版)」の表紙原画をまるごと配置。ボタボタ、パンくずを食べる金貨、ちっちゃい老婆怪物等々、 一部のポッポなPIPに人気の地下迷宮の住民ともども、周囲に原題タイトル「The Gateway Of Doom(TGOD)」を配置。アソコで遭遇するであろうモノどもへ、いつでも立ち向かえるよう心の準備ができる仕様です。
「TGOD」の文字部と、中央の黒騎士の目は型ヌキになっていて、Tシャツの色がそのままむき出しになります。Tシャツの色が白なら白、赤なら赤、黒なら真っ黒という具合です。どんな色を選ぶかで印象がダダダダーンと変わるので、楽しく悩めますね。
 Tシャツの選べる色は、白・グレー・赤・紺などの基本色のほかさまざま。
 お勧めのサンプル色を用意したので、なんだったら見てください。

TGODTサンプル.jpg お勧めの見本画像1

TGODTカラーサンプル.jpg お勧めの見本画像2

 今回も、おなじみ東京吉祥寺のセレクト・ショップLIGHT BULBの協力で、図柄のプリントとTシャツはプロ仕様。TシャツのサイズはS,M,L,XL。プリントの色は変えられませぬが、Tシャツは白とサンプルの色、その他の色だってそれなりに対応できます。また、XLより大きいサイズや、レディースサイズ、ジュニアサイズ諸々も可です。しかし、こんなもの子供に着せることはおやめなさい。(XL以上のサイズは、対応できない色もあります。また、シャツ代が少し割り増しになります)いずれにせよ、問い合わせてHUGOにあれこれ言ってみるがいい。

 業者の都合で合計30枚以上の注文が集まれば製作できます。
 値段は1枚税込み¥3990。
 相変わらず製作に無駄に手間暇コストがかかってこうなっております。おまけにシャツそのものが値上がりしてしまい、その分アップさせたいところなんですが、「こんな時代だし、お祭りっすから」というLIGHT BULBの店長さんの決断で据え置きであります。100枚越えるならば、少し余裕ができるので値引きもする所存ですが、期待のしすぎは、とらぬ狸の肌触りであります。
 ブツは、代金引き換えの宅急便か、吉祥寺の店に直接取りにくる(その場合はもちろん送料タダ)か、どちらか選べます。

 ご希望の方はHUGO HALL→okutani@i-ml.comまで、名前/枚数/サイズ/色/宅急便か・店に取りに行くか/住所/電話番号に、物足りないなら天気や腹具合、銀行口座と暗証番号、リクエストでも添えてお送りください。2日以内に返事を返します。返事が返ってこない時は、届かなかった証なので、もう一度送ってみてください。

 締め切りは09年6月14日。


署名 HUGO HALL
posted by ドロシー! at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

「GAMEBOOK DS」シリーズ第1弾

ブロッコリーからニンテンドーDS用ソフト「GAMEBOOK DS」シリーズが発売されます。
第1弾はTRPGが原作の「ソード・ワールド2.0」とのこと。

http://www.broccoli.co.jp/game/gamebook/

コンセプトが「ゲームブック・ラボR」に近いだけに、嬉しい反面、(DSでは)先を越されたと思ったのが素直な気持ち。

「ソード・ワールド2.0」を扱った、同様のコンセプトの同人ゲーム「行け! 剣の世界の冒険者」は、結局、ただのアドベンチャーゲームになってしまっていたのが残念でしたが、こちらはプログラム的に制限があるのを感じました。

http://members3.jcom.home.ne.jp/3448142801/ikeken/ikeindex.htm

ま、「GAMEBOOK DS」シリーズのコンセプトは、実は現時点ではよく分かっていないので、どこまで便利に、そして、どこまで不便になっているのか、気になります。
第1弾ということは、ほかのタイトルも予定されているのでしょうね。
09年8月27日発売ということですので、楽しみにしています。
(実は、いまだに「乱戦システム」のメリットが分かっていない……)
posted by ドロシー! at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

「夢幻の双刃」ベストエンドルート

ゲームブック「夢幻の双刃」の解析が9割終了しました。
まだ、検証が終わっていませんが、エンディングの中間報告をします。

ベストエンディングに必要な記号は、B・E・F・G
これらはMAXになっている必要がある。

D(美由関係)は、実は関係ない。
Dを上げすぎると、結果的にFを逃すので、Fを優先的に上げること。

B(徹也関係)も関係がないような気がするが、Bが高くないと登場しないキャラがエンディングにいるので、自分の考えが間違っていないか再検証中。
追記
Bはパラグラフ100以降ではエンディングに関与しないが、パラグラフ50からはじまるイベントで、BがMAXでないとGが増えないのを確認しました。


C(徹也の覚醒関係)は上げてはいけない。
(Bを上げていれば自然と増えない)

エンディング分岐に大きく関係しているXは、ベストエンディングではまったく影響しない。

では、引き続き、検証に入ります。

posted by ドロシー! at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

「まったり・ウラシマ・アドベンチャー」

25日にiアプリの「ゲームブック・ラボR」から「まったり・ウラシマ・アドベンチャー」を配信しました。
これは、「グレイルクエスト」や「魔城の迷宮」などで知られるHUGO HALL氏が作ったショートゲームブック。

 あなたは浦島太郎の末裔。運命の定めなのか、先祖と同じくカメを助けて竜宮城を訪れます。深海の秘境で待っていたのは、これまた祖先同様、飲めや唄えやのゴージャスなおもてなし。
 すっかりくつろいで、のんびりまったりした時間を過ごすことにしたのですが、ここまで祖先と同じとなると、ひょっとして、最後にはあの箱が……?
「ファイティングファンタジー」シリーズのような重厚さはありませんが、お手軽に気軽に楽しめる、短編のゲームブックになっています。
オトヒメからもらう箱の中身は、ぜひ、その目で確かめてみてください。


また、「ゲームブック・ラボR」で連載しているHUGO HALL氏のコラムも3回目。
今回は「夢幻の双刃」を出したばかりの新鋭ゲームブック作家・松友健氏へのインタビューもありますので、ゲームブックファンは必見の内容になっています。


※お詫び
誠に申し訳ありませんが、3月配信予定だった「地獄の館」は、配信時期を延期いたします。
配信時期が確定次第、詳細をお伝えします。




posted by ドロシー! at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

「バルサスの城砦」配信

「ゲームブック・ラボR」から「バルサスの城砦」(旧題「バルサスの要塞」)が配信開始しました。

「ファイティングファンタジー」シリーズ第2弾にして早くも魔法システムを搭載。
ゲーム開始時に、どの魔法をいくつ持っていくか、その魔法をどこで使うかが鍵となっていますので、ゲームはキャラメイクの時点からはじまっています。

使う魔法、進むルートによって難易度が激変するのも、「バルサスの城砦」の魅力のひとつ。
冒険は困難ですが、危険が少ないルートはかなり安全な道のりになっています。
その代わり、ルートを間違えるとクリアできず、どの道のりで間違えたか気づきにくい、スティーヴ・ジャクソンならではの意地悪さも、すでに頭角を現しています。

「バルサスの城砦」には、独特な「ファイティングファンタジー」の世界の中でも、ここにしか登場しないモンスターが盛りだくさん。
異様な外見とその個性的な思考は、バルサスの城砦がいかに閉ざされた、特異な空間であるかが分かります。
ゲームに、世界に魅了されてみてください。
posted by ドロシー! at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

「ゲームブック・ラボR」オープン

ご報告が遅れましたが、1月19日からi-modeで「ゲームブック・ラボR」がオープンしました。

QRcode.png
http://gamebooklab.com/

「ゲームブック・ラボR」は、携帯アプリで遊べるゲームブック(デジタルゲームブック)を順次、公開していきます。
1月25日現在は「炎冠山の魔術師」(旧題「火吹山の魔法使い」)が公開されており、「ファイティング・ファンタジー」シリーズを筆頭に、HUGO HALL氏のはみだしゲームブック、東京創元社のゲームブックコンテスト入賞作などが順次、刊行予定です。
(まことに申し訳ありませんが、1月31日公開予定の「バルサスの城砦」は2月に延期になりました)

炎冠山タイトル



「デジタルゲームブック」は、ゲームブックをアドベンチャーゲームにデジタル化するのではなく、「ブック」として、「ゲーム」として、いかにデジタルで再現するかに注力しています。


「ブック」としては、より原作の世界観を忠実に再現した翻訳、本らしい活字のフォントの使用、ページを1ページずつめくっていく本の感触、羊皮紙をイメージした紙の質感、1色刷りを喚起させるモノクロイラスト、などを再現しました。
特に、原作の雰囲気を壊さずに1体ずつに書き下ろしたモンスターのイラストは、ぜひ、その目でお確かめください。

本文挿絵戦闘中


「ゲーム」としては、読者のニーズに合わせて選択できるさまざまなシステムを搭載しました。

キャラクターメイキングでは、「ファイティング・ファンタジー」シリーズのルールどおりにサイコロを振るモードのほかに、14ポイントを振り分けるモードや、すでに完成しているキャラクターを任意に選ぶモードがあり、キャラクターの中には、「最強」と「最弱」もいます。(笑)

選択肢は、「弓を持っているなら」といった、現在の状態を見て、選べる選択肢を青い文字で分かりやすく表示しているにも関わらず、現在、選べないはずの選択肢を実行することができます。
これにより、運だめしに失敗したのに成功したことにしたり、戦闘で戦っていないのに勝ったことにしたりできます。
(もちろん、ズルをするのもしないのも、読者の自由です)

本編では、パラグラフナンバーを常に表示することで、ゲームブックであるということを意識しています。
また、「持っていってもいい」という表記の場合、アイテムの入手を任意にしたり、ものを買うときに、金貨だけでなく「金貨3枚の価値のあるアイテム」を使えるようにしたりと、ゲームブックならではの自由な判断に対応できるようにしました。

パラグラフジャンプは、いつでも好きなパラグラフにジャンプするシステムです。隠しパラグラフへジャンプするのはもちろん、1から順番に読むこともできます。
これにより、1度なくしたアイテムを、アイテムを入手するパラグラフに進むだけで取り直すことができます。
(その代わり、体力点が減るパラグラフに何度も進むとボロボロになってしまいますが、とある隠しコマンドによる救済もあります)

ゲームバランスは、原作に忠実な「オリジナル」のほかに、「アレンジ」を搭載しました。
「アレンジ」では、運だめしに失敗したときに運点が減らないといったシステム的なアレンジのほか、21世紀にはじめて遊ぶには高すぎる難易度を、ほんの少しだけ下げています。
ホビージャパン社から刊行された「デストラップ・ダンジョン」や「ハウス・オブ・ヘル」が難しいと感じた方は、デジタルゲームブック版をお待ちください。
また、原作とは違う展開になるところもあるので、どこが違うか探してみるのも、面白いかもしれません。

メモ機能は、電車でのプレイを意識したもので、1度読んだことがある情報を、いつでも読むことができます。
ウソの情報も当然のように読むことができますが、情報は正しいかどうか、チェックすることができますので、どれがウソか分からなくなることはないでしょう。


――と、このように、「デジタルゲームブック」は、「ゲーム」であり、かつ「ブック」であることをデジタルで再現し、読者が自由にプレイスタイルを選べるように作ってみました。
そのスタイルに、なにが正しくて、なにが悪いか、というものは一切ありません。
どうせ誰も見てないのですから、お好きなスタイルで、肩肘張らずに遊んでみてください。

「ゲームブック・ラボR」はdocomoを皮切りに、SoftBank、auにも配信する予定です。
対応している携帯をお持ちでない方は、もうしばらくお待ちください。
posted by ドロシー! at 16:19| Comment(2) | TrackBack(3) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

「デストラップ・ダンジョン」と「ハウス・オブ・ヘル」

ゲームブック「デストラップ・ダンジョン」と「ハウス・オブ・ヘル」を購入しました。
「ゲームブックなチャット」で「ハウス・オブ・ヘル」の飲酒のシーンについて語りましたが、確認したところ、まったく飲んでいませんでした。
これは私本人の勘違いであり、ホビージャパンは一切関係ありません。
皆さまにはご迷惑をおかけしました。

「デストラップ・ダンジョン」と「ハウス・オブ・ヘル」は、2009年にi-modeに配信されるデジタルゲームブック(DGB)版の翻訳を底本としており、萌え化にあたっては、意外と手は加えてありません。
ですので、DGBがどんな訳文になるか、この本を見ればご想像できると思います。
(ちなみに、第1回配信は旧題「火吹山の魔法使い」になります)



ここで、はじめてゲームブックを遊ぶ方に攻略のアドバイスを。
この本はライトノベルの外見をしていますが、寝転がりながら遊ぶには骨太な作りになっています。
今はPCでゲームブックのデータを管理できる便利なツールがありますので、使ってみてください。

ゲームブック支援ツール「Cathy」
http://kakhe.hp.infoseek.co.jp/Cathy/index.html


「デストラップ・ダンジョン」は技術点の高い敵が多く、君の技術点が低いと、戦闘に負けて先に進めないバランスになっています。
技術点だけは、任意に11か12で進めることをおススメします。

また、君の前に4人の挑戦者が進んでいることを意識すれば、ただの分かれ道でも、論理的思考で正解ルートに進むことができます。
文章中にこっそり隠れたヒントを見逃さないよう、気をつけて遊んでみてください。


「ハウス・オブ・ヘル」は、恐怖点が9以下では絶対にクリアできませんので、10〜12で遊んでみてください。
(ぶっちゃけ、このゲームは難易度が高いので、恐怖点は無視してもいいと思います)

また、ルールでは「恐怖点がゼロ以下に下がることも認められない」とありますが、開始時点の恐怖点はゼロなので、ゼロ未満と解釈してもいいと思います。

さらに、「ハウス・オブ・ヘル」は一般的な武器を装備するまでは戦闘での技術点が-3されます。
とある武器を手に入れると、原点を越えて技術点にX点、加えることがでるのですが、原文では、「原技術点+X」とも、「開始技術点+X」とも読み取ることができます。
これはゲームブックなので、その判断は読者に委ねられますが、個人的には「原技術点+X」でいいと思っています。
これは、この武器が一般的な武器であることから装備するだけでペナルティは回復しているとも解釈でき、なにより、君の原技術点が低い場合、ラスボスが強すぎるからです。



そんなわけで年末はゲームブックで遊んでみるのも一興ではないでしょうか。
文量のわりにけっこう死にますので、思いのほかクリアするのに時間がかかると思います。
また、これらのタイトルは携帯アプリのデジタルゲームブックでも配信を予定しています。
DGBでは、原作に忠実なモードのほかに、パラメータが低くてもクリアできる(可能性が上がる)モードも追加しますので、もし、「デストラップ・ダンジョン」や「ハウス・オブ・ヘル」が難しくて解けなかった人は、お待ちください。

posted by ドロシー! at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

「ネバーランドのリンゴ」を語る夕べ

29日の「ゲームブックなチャット」は林友彦さんの作品を語る回でした。

http://www.lingr.com/room/gCmXz4SomGI

(ちなみに、チャットに入る直前まで、グラビアアイドルの画像を集める仕事をしていました(実話))

ただ、林作品以外の話題を振ってしまい、特にサイト「ちゃかぽこるーむ」で「ネバーランド」作品を扱っているはぜどんさんには不快な思いをさせてしまったかもしれません。

http://homepage3.nifty.com/chaka-poko/

罪滅ぼしというわけではありませんが、今回は林作品について語りたいと思います。



続きを読む
posted by ドロシー! at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

「不思議なジュリエット」

ゲームブック「不思議なジュリエット 純愛DOKI DOKI ストーリー」をクリアしました。
このゲームブックほど、レビューに苦しむタイトルはありません。
なぜなら、ゲームブックとしては、ゲーム的にも分岐小説的にもつまらないのに、楽しんで読んでしまったからです。

「不思議なジュリエット」は、小6の少女が文化祭で演じる「ロミオとジュリエット」のジュリエット役を目指すストーリー。
色々なハプニングに巻き込まれながらも、恋に演劇にはげんでいきます。

この作品のキモは、ロミオ役の御子柴クンのカッコよさ……ではなく、同じくジュリエット役を狙う演劇部部長の麗華。
令嬢でワガママだけど、演劇には人一倍努力は惜しまない。
そんな彼女とぶつかり合いながらも芽生えた友情には思わずホロリ。
途中、麗華に無実の罪を押し付けられたこともあったけど、清々しいオチの前では、悪いことも忘れられます。
タイプ的にはおとなしめの菜緒が好みだったのに、最後の最後で麗華にオチました。

「いいもん……ボーイフレンドなんてくさるほどいるんだから」(麗華)

また、自分が持っていないものをすべて持っているもう1人の自分、という設定も、いい味出してました。
あまり出番がなかったり、せっかく、伏線を張ってたのに活かされなかったりと、もったいない扱いでしたが、エピローグの彼女の一言にまたまたホロリ。

ほかのカップルの話もいい感じにまとまっていて、読後感は良好。
まだ2冊しか遊んでいないけど、「ペパーミントゲームブック」は自分との相性がいいのかもしれませんね。



と、ここまで充分褒めたので不満点も。

「不思議なジュリエット」はゲームとしてはお粗末な出来です。
このゲームには、思いやりポイントとときめきポイントという2つのパラメータがありますが、この数値の高低は、ゲームのクリアに影響しません。
(厳密には、高いほうが有利ですが、低くても100%クリアできるルートが存在します)
女の子向けに易しくしたのは想像つくのですが、それならいっそ、サドンデス(選択ミスによる一発死)のみで構成してもよかったくらい。
せっかくパラメータを作ったのですから、それが影響する展開を作らないとゲームとして成立しません。

(反面、このゲームは「おまじないグッズカードをめくる」という4択の運試しがあるのですが、この結果のみでゲームオーバーになることがなかったのは易しいと思います)
(実際には、カードをめくってゲームオーバーになることもあるのですが、その前の選択をミスっていなければ、そもそも、カードをめくる事態にならないんですよね)
(ちょっと、簡単すぎないかと思いつつも、女の子をターゲットにしたいいバランスではないでしょうか)


また、このゲームは393パラグラフなのですが、選択肢が1択のパラグラフ(選択することなく、次のパラグラフへ進む)が、なんと271パラグラフもあります。
(ゲームオーバーやハッピーエンドの10パラグラフは含まず)
このため、選択肢のないパラグラフが3回続くのは当たり前。ときには8パラグラフも選択肢が存在しない場面もあります。
場面転換としてパラグラフを分けることは技術的にありますが、「不思議なジュリエット」に関しては無意味に増やしたようにしか見えません。
ちなみに、2つ以上の選択肢があるパラグラフは、たったの109。
そのうち、最大選択肢の数である3択のものは、16パラグラフしかありません。
(271+10+109=390で3パラグラフ足りませんが、これは、ゲームとは関係ない隠しパラグラフが3つあるため)
ぼくは、ゲームブックの面白さは、選択肢を選ぶことと、その結果が今後の展開に反映することだと考えています。
それだけに、悩んで選んだ結果が、結局、どれを選んでも変わらないのはかなり残念でした。
もっと、パラメータが変化したり、いっそのこと、落とせる男の子が変わるくらいの展開の違いはほしかったですね。


なにより最悪なのは、393パラグラフのうち111パラグラフも使っている大迷宮。
これは遊園地の巨大迷路で遊ぶ場面なのですが、ホントにただの迷路。
パートナーがいるわけでもなし、1人で延々と彷徨い続けます。
イベントも、出口付近に事実上1つしか存在しません。
また、迷路の構造、というよりはパラグラフの構造が、複雑ではない迷路をメンドくさいものにしています。
迷路は主人公の視点で「右へ行く」「前に行く」というように進むため、同じ場所でも進行方向の数だけパラグラフが存在し、行き止まりになるまで引き返せません。
それだけならまだしも、「右折すると……右カベ。前と左に道が分かれている」というように、直前の行動が書かれているため、同じ進行方向から同じ場所に入っても、パラグラフが違うので、より、迷いやすくなっています。
また、管理が徹底していなかったので、同じ文章で済むのに別々にパラグラフが分かれている場所まである始末。
シェイプすれば80パラグラフ以下にまとめられたはずです。
(それでも無駄にデケー)
大迷宮を遊ばないルートもあるのですが、それだと、エンディングの一部が意味不明になってしまうんですよね。
大迷宮に入ったら、一気に「375」に進んで、解いたことにしちゃっても、バチはあたらないと思います。


また、そこまで気になりませんでしたが、軽微なバグが存在します。
このせいでクリアできなくなることは、まずないでしょうが、バカ正直にプレイすると遊園地で同じアトラクションを遊び続ける、無限ループに陥ることがあります。



と、「不思議なジュリエット」は、致命的な不満点が明確に指摘できるのに面白かったという、「不思議な」作品です。
クリア直前までは、イライラしながら遊んでいたのに、そのストレスが、物語的な魅力のみで吹き飛んだのは、それだけのパワーがあったからでしょう。
次は麗華が幸せになるゲームブックで遊んでみたいですね。
posted by ドロシー! at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

「監獄島からの脱出」

ゲームブック「監獄島からの脱出」をクリアしました。
(「監獄島」は「ザ・ロック」と読みます)

西東社はコミックタイプで、1ページ1パラグラフと軽めのゲームブックが主流です。
ただし、ほとんどのタイトルにチェックシートが付属しているのですが、中古ではシートが紛失しているものが多く、今から集めるのはちょっと厄介なシリーズ。
「監獄島」のシートは穴が開いており、特定のページに任意の向き(上下・裏表の4パターン)に置くことができ、穴からなにが見えるかで展開が変わるという、ランダム発生器の役割があります。
ですが、チェックシートが必要のは、モンタージュを作成する15と、脱獄島から脱出するときの運試し(131と159)の3箇所しかありません。
モンタージュは自分で任意に作ることで、運試しはサイコロで代用できるので、ないならないでなんとかなります。
(131は1/4で、159は2/4の確率で成功します)

「監獄島からの脱出」はタイトルからも分かるとおり、刑務所からの脱出を目的としたゲームブック。
無実の罪で捕らわれた大富豪の主人公は、なんと、3つの刑務所を順に脱出することになります。
(遺産をめぐる陰謀がからんでいるので、保釈金は出してもらえません)
海外の刑務所をモデルにしているせいか、色々と買収を持ち掛けられたり、殺傷沙汰が起きたりと、展開はスリリング。
刑務所内で人を信じてはいけないことがよ〜くわかります。(笑)

と、はじめは殺伐とした人間関係が面白いのですが、脱出計画に移ると、展開が地味になってしまうのが残念。
特に、2つ目、3つ目の刑務所は、ほかの囚人や看守との会話がほとんどなく、脱出計画に明け暮れてしまうので、行動も機械的になってしまいます。
(その分、脱獄の知識は深まりますが(笑))
せっかく、主人公に好意を持っている助手の女性が面会に来るのだから、もっと脱出計画にからめてほしかったところ。
まあ、ブロンド美人のメガネっ娘というだけでポイント高いのですが。

「監獄島」は選択をミスると減点して、でも話は先に進む、減点方式をとっています。
不可解なのは、減点の数をチェックする場面が、最後の最後に唯一あるゲームオーバーのパラグラフにしかないこと。
減点が10以上なら再挑戦してほしいとあるのですが、それ以前にゲームオーバーになっているので、誰もが再挑戦してしまうはず。
ここは、ハッピーエンドの直前に点数をチェックして、ハッピーエンドかゲームオーバーかに分けたほうがよかったのではないでしょうか。
(もしくは、選択ミス=ゲームオーバーの選択肢を増やす)

「脱獄島」は、脱獄というアイデアもいいし、運否天賦な選択肢が少ないのもいいのに、ツメが甘くてゲームとしての価値を下げているのがもったいない、非常に惜しい作品でした。

ゲーム性を高めるなら、1つ目の刑務所では減点が7以上、2つ目では12点以上、3つ目では16点以上になったら強制的にゲームオーバーにすると、ゲームとしての緊迫感が出ると思います。
(この数値の場合、ぼくの1回目のプレイでは、すべての刑務所でゲームオーバーになります(笑))
反対に、シートを使ったランダム発生は、失敗する確率が高く、失敗すると即ゲームオーバーと理不尽なので、シートを使わずに成功扱いにしてもバチはあたらないでしょう。

最後に、この作品の好きなセリフで締めくくりたいと思います。

「ふん、金持ちのくせに貧乏ゆすりかよ」
posted by ドロシー! at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

「聖純戦姫 エクセルハート」

「凛音」の巻末に気になった広告があったので、当てのない旅に出ていました。
それは、「聖純戦姫(ピュアフルオーダー) エクセルハート」
「凛音」よろしく、分岐でストーリーが変わるゲームブックです。
(ゲームブックと言い切ったよ、俺)
奥付を見ると、4月末〜5月はじめに出ていたようです。

続きを読む
posted by ドロシー! at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

「イレイザー凛音 淫獣の学園」

今日、本屋で「ギャンブルフィッシュ」のついでに、なにげにエロマンガ売り場に行ったら「分岐するストーリーの結末を見届けろ!」という帯に目が行きました。

そのタイトルは「イレイザー凛音 淫獣の学園」

パラパラ見たところ、分岐がいくつかあったので、ゲームブックとみなして購入しました。
まさに、ゲームブッカーはゲームブックと引かれ合う。

べ、べつに、変なつもりで買ったんじゃないんだからねっ!

続きを読む
posted by ドロシー! at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。